外国人投資家の売買動向

外国人投資家の売買動向をうまく掴んで、日本市場に外国人投資家が投資をする動きを先取りする方法があります。

外国人投資家の投資行動をまとめた本を読むのもまず手なのですね。



でも、それ意外にも彼らの売買動向を先取りする方法はあります。

その方法は実は簡単な話で、海外の経済情報誌を読めばいいのである。彼らはこれらの経済情報誌を読んで世界の経済動向をつかむ為に、この雑誌を読む事で外国人投資家の動きを先取りする事ができるのです。

「そんな事言われても、英語なんか読めない!」

はい、確かにその通りです。
自分も英語が苦手です。全く読めなくもないですが、英文の海外情報誌を読もうものならそれこそ一日がかりです。

さすがにそれでは、効率が悪すぎる。

そこでオススメしたいのは、日本語で販売されているビジネス・ウィーク(BusinessWeek)やForbes (フォーブス)などの経済情報誌を読んで外国人投資家の動向を掴んでいこう。

さらに行くと、ウォールストリート・ジャーナルやフィナンシャル・タイムズなどもおさえて置けばますます動きを先取りすることが出来ます。

と言っても、ここまで全てを常に読んでおくのもなかなか大変です^^;情報量もばかになりませんし・・・

こういう情報は、週末にでも図書館にいってゆっくり読んでみると良いかと思います。時々外国人投資家の動向が気になった時や、図書館に行ったついで程度で読んでおくと良いでしょうね。

という訳で外国人投資家の動向を先取りする方法でした。



nenri96 at 14:01|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
荒れる株式相場の相場展望はブログランキングで見比べて明日に備えるべし。

最近、急激な円高が進むにつれて日本政府の為替介入があるのか?という話題がちらほら出てきましたが、よく読んでみれば日本だけでは為替介入はありえない・・・

と言う記事を良く見かけます。
ではい、一体どこの国との連携で為替介入があるのだろうか?

と考えるのが流れだと思いますが、その為には、為替介入できるほどの資金がある国でなければならない訳でそれは一体なんなのだ!という事になればそれは、外貨準備高になるのではないかと思います。

では、世界の外貨準備高のランキングのトップ10は一体どこなのか?

これについて明確にすべきかと思います。
知っていそうで意外としらない外貨準備高のランキングです。

ちなみに単位は100万ドル単位です。

1 中国 $ 1,589,900
2 日本 $ 1,007,98
3 ヨーロッパ $ 556,965
3 ロシア $ 490,700
4 インド $ 301,235
5 台湾 $ 277,840
6 大韓民国 $ 262,400
7 ブラジル $ 193,851
8 シンガポール $ 171,735
9 香港 $ 160,300
10 ドイツ $ 147,255


※ 2008年データ

いろいろと最新版の外貨準備高を探しましたがWikipediaのデータが最新のようです。そこからの引用となります。

改めて外貨準備高のランキングの順位をみると結構、意外だと思いませんか?
ロシアや台湾、ブラジルなんて結構意外です・・・

これらの各国と協調して日本は為替介入に入るのでしょうか?
単独では難しいと言われていますが、では一体どこなのか非常に興味深いです。

この点については、ぐっちーさんの金持ちまっしぐらと言う記事でその見解が書かれていますが、どこの国と組んで為替介入をしていくのか?これにポイントが置かれそうです。

ぐっちー氏の考えるG7はランキングトップ10に日本以外はないと言っていますが、ドイツが入っていますね^^;この辺りは若干順位にずれがありそうですね。

単独では無理と言っている今現時点で外貨準備高のランキングの上位の国とどう組んで為替介入をするのか注目しておきたいですね。

という事で外貨準備高ランキングでした。

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。
という訳で本日はこの辺で〜!


nenri96 at 17:27|PerlmalinkComments(2)clip!
ブログランキングも買収で急騰!


う〜ん、どうやら東京スター銀行は買収されるようです。
しかも相手先は、英国系金融機関。


噂によると香港HSBC銀行との事。
まだ真偽はわかっていませんが、今日の相場はここに資金が集中しそうですね^^;


5月相場の顕著な買収の第一弾か!
日本のお金を持っていくには、銀行を買収するのが一番早いって事か?


東京スター銀行がまずは標的になってしまいましたね・・・
日本国民としては、複雑な気分ですが投資家としてはこれはチャンスに見えて仕方ないです。


特定の投資家活動にコメントする立場にない=株取得報道で東京スター銀
5月9日17時48分配信 ロイター


ロイターの記事はこちら


ブルームバーグの方は英文ですが、読める人はどうぞ。
こっちの方が詳しく書いてあります。


ブルームバーグの記事はこちら


これを受けて東京スター銀行の株価がどうなるか?
う〜ん、これは大チャンスかも。


個人的には香港HSBC銀行が日本に来るのは大歓迎です。
富裕層向けの金融機関ですが、高金利の預金金利で恩恵があると考えています。


普通預金でも5%くらいあるんじゃないかな〜?


兎に角明日がどうなる??
って所ですね。


なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。



nenri96 at 02:11|PerlmalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
ブログランキングは大奮闘です^^;


三角合併が始まる5月相場という事もあって、いたるところで外国人投資家の動きが顕著になってきています。


ふとテレビを見て投資情報番組を見ていたら、ある証券アナリストは、外国人投資家は日本企業に対して、友好的買収を求めているという事を言っていました(笑)


「友好的でも、敵対的でも買収は買収だろう。」


と思うのは僕だけでしょうか?
とりわけ、外国人投資家は日本人のナショナリズムを刺激しないような形で、表向きは友好的な買収をすると言う形でじわじわと企業買収を行うに違いないと思っている所です。


外国人投資家のどこかに、日本人の革命意識のあるDNAを刺激しないように、刺激しないように・・・という恐れがあるような気がします。


僕個人としては、既にアメリカのポチとして牙のない犬として飼いならされている状態にあるような、空を飛べない鳥のようになっているようなそんな状態にある気もするので、そんな革命意識が起こらない土壌にあるような気もしています。



さてそんな話はさておき・・・
その証券アナリストが友好的な買収を仕掛けてくると言っていた一方で、あの大投資家のウォーレン・バフェットへのインタビューも映し出されていました。


「日本企業は割安な企業で優秀な企業も多く、何社かは買収してみたい」


とこんな事を言っていました。
メディアを通してみる投資家の発言なので、この発言の裏にあるものを何か考えてしまうのですが、この情報が流されるという事はやはり本格的に外国人投資家の買収が始まってきているという事を意識せざる得ないです。


そのウォーレン・バフェットがどの日本企業に投資してくるかは、非常に興味深いところですが、今後、株式の大量購入があればわかってくることなので、のちにウォーレン・バフェット銘柄なんてものも登場してきそうです。


ますます日本企業が世界企業からセリにかけられているというような気がしてなりませんね^^;


さてそんな話はさておきとして・・・
本日の日本市場の動きはどうだったでしょうかね。


5月連休明けの相場として2日目にして早くも弱い揉み合う相場となりました。動きとしては、昨日強かった鉄鋼関連や重工関連は早くも上値が重い展開となり、後場にかけてずるずると株価を切り下げる展開となりました。


う〜ん、なんだか息が続かないと言った展開になっています。
相場の主力銘柄の復調とみるのは少し早かったか!?と言う感じの印象になっています。


と言うより、相場全体の動きに比べてそれでもプラスに引けているので、まだまだ強い感じは否めません。まだ相場の主力となる力は多少なりとも温存していると言う感じですね。


ただ、一方で新しく強くなってきている銘柄が増えてきている感じもします。特にそれが強く感じるのは銀行セクターですね。


ここ最近、ずいぶんと弱かったのですが昨日も堅調、今日は強い上昇となってずいぶんと力強い動きをする銀行株が多かったです。


どうやら国際的に日本国内銀行の格付けが上がったようで、それも注目の一つとして銀行株に資金が動いた結果に繋がっている感じです。


どうやら国内の銀行関連株の株価を上昇させたいのかな?という報道の動きでした。これを受けての今後の銀行株の特に主力銀行においての株価の展開を少し追って行きたい所です。


もしかしたら、主力の鉄鋼・重工に変わってこちらがこれからの主力株になるかも?な〜んて淡い期待も少しあります^^;


今日は、新興銘柄の人気銘柄のヤフー、SBI、イートレード証券など比較的新興市場の大型銘柄も堅調に推移していて、またまた新興市場の雰囲気が少しずつ好転している感じです。


全体としては揉み合う感じの相場になっていますが、上値が重いという印象がありながらも着実に相場全体が底上がっているイメージが増えてきました^^と言うのが今日の全体をみた自分の相場感触です。


さてそんな自分の感触をみながら、本日もまたまた外国人投資家の先物・オプションの売買動向をチェックしてみました。


最近、これを確認するのが少し楽しみになっています(笑)


こんな売買動向です。 ⇒ う〜む、上手く調整しているなぁ。


で確認した所、これまたクレディスイス証券が日経225において、買いの一点張りと言う状況です。


ただ、買いの勢いは昨日に比べて細っていて、どちらかと言うと買いの量を減らして調整下と言う感じでしょうかね?そういう意味で今日はわざと利食い売りを誘ったのか?と言う推測もできなくない。


ただいずれにせよ、クレディスイス証券の売買どうこうは、売りゼロで買い一点張り。これを見るとどちらに持っていきたいのか、多少のヒントにはなりそうですね。


TOPIXにおいては、売りも買いもやってますが、こちらも買いが増している状況ですね。


う〜む、なにかと面白い動きをしてくれる人たちです。
明日も動きをチェックすべし。


ただ、そろそろ今週末のオプションSQも気になってくるころなので、積極的な買いのスタンスはとりづらいと言う所です。


という訳で本日はこの辺で!

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。



nenri96 at 22:57|PerlmalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

日本株の上昇はクレディスイス証券などの外国人投資家などの動きによる上昇を感じましたのでちょっと外国人投資家の売買状況をリサーチしてみました。

外国人投資家

外国人投資家といえばクレディスイス證券がカギを握ってます!


売買動向をみるとやはりクレディスイス証券の売りのようでした。
売買動向をみれば、前日まで連日に売込みをかけていたのにも関わらず、5月2日の相場にかけては、クレディスイス証券が日経225をもっとも買い込んでいます。


う〜む、このクレディスイス証券の動向によって相場がどっちにぶれているかがわかりますね。


連日この外国人投資家の動きをみているとクレディスイス証券がもって行きたい方向に日経平均が動いている感じです。


悔しいですが、このスイス系のクレディスイス証券は世界でももっとも資金力があって影響力があるようで、仕方ないと言えば仕方ないですが日本の証券会社は比べてしまえば売買量からみてもちっぽけなものに見えてきます^^;


う〜ん、このクレディスイス証券をはじめとした外国人投資家の売買動向を見ながら、日経平均の相場の行方を探って行きたい所です。


連休直前にがっつりとクレディスイス証券が買い込んでくるという事は・・・連休明けは強く上昇する相場になるかもしれませんね。もしかして・・・


まぁ、為替を見れば1ドル120円に知らない間に突入していて、普通に考えれば今までの流れならば日経平均株価は強く上昇しそうなものです。


去年の今頃は、連休明けからナイアガラのように崩れた相場になったわけですが、確か日経平均株価17000円台から14000円台まで落ちたはずです。


今年の相場はどうなるか?
正直誰にもその行方はわかりませんが、クレディスイス証券が今後も日本市場のカギになりそうだという事は変わらない感じです。


クレディスイス証券をはじめとした外国人投資家の気持ちになって投資する事が重要だといえそうですね。


外国人投資家の狙いを知るには?


日本株式市場は先物によって市場を外国人投資家に支配されているという事をまず知るべきでしょうね。


nenri96 at 22:23|PerlmalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

ランキングも底堅い上昇を見せてきました!


こんにちは〜!
本日の株価は様子見の動きで始まったものの、終ってみれば強い上昇で終えた相場になりました。


SQ前の相場で様子見が多いなかで徐々に買い安心感を覚えて買い進まれた様子です。それと同時に為替の円安傾向がまたジワジワ出てきたという事で、さらに買い進んだ模様です。


以下、全体の相場動向です。


日経平均 17,090.31 +325.69 (+1.94%)
日経平均先物 17,070.00 +310.00 (+1.85%)
TOPIX 1,720.96 +31.36 (+1.86%)
JASDAQ平均 2,153.95 +17.12 (+0.80%)
JASDAQ指数 85.84 +0.40 (+0.47%)
マザーズ指数 1,053.15 +16.57 (+1.60%)
ヘラクレス指数 1,735.06 +24.67 (+1.44%)


満遍なくの上昇ですね〜!
何もいう事なしです。


しいて言うならば円安の関連する銘柄が底堅く強かったという事でしょうか?
それが日経平均株価の強さに出ていると思います。


相場が引けた後にタイミングよく良い経済指標が出ていますので、明日もこの勢いにのって株価が上昇していく展開になりそうです。


■ 2月工作機械受注額(速報)は前年比+15.9%=工作機械工業会
07/03/08 15:05

 [東京 8日 ロイター] 日本工作機械工業会が発表した2月の工作機械受注額(速報値)は、前年比15.9%増の1306億4600万円となり、2カ月連続で前年実績を上回った。


■ 現状判断DIは49.2、前月比上昇=2月景気ウォッチャー調査
07/03/08 16:05

 [東京 8日 ロイター] 内閣府が発表した2月の景気ウォッチャー調査では、景気の現状判断DIが49.2となり1月の47.2から上昇した。横ばいを示す50の水準を4カ月連続で下回った。  2、3カ月先を見る先行き判断DIは52.1となり、1月の50.9から上昇した。横ばいを示す50の水準を2カ月連続で上回った。

 内閣府は、2月の景気ウォッチャー判断を、「景気は回復が緩やかになっている」に据え置いた。


ただ、いつも言えることですがSQ日の寄り付きは先物やオプションの解消などでありえないほど安く寄りつく場合があります。もしくは、気配がおかしな数字になる場合があります。

その数字に驚くことなく平然と装う事をオススメします。
というのは、SQ日は午前中が安くて、午後に向けて買いあがってくる展開が多いからですね。


明日がその展開になるかどうかはわかりませんが、今日の値動きからは安心感の持てる材料が揃ってきたのでそうおかしな動きにならないかと思います。


という訳で明日はなんだか期待の持てそうな展開になりそうです。


では、本日はこの辺で〜!

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックでランキングが上がりまする。




nenri96 at 16:48|PerlmalinkComments(1)TrackBack(0)clip!
ランキングは、復活傾向です!


本日もお疲れ様でした〜!
昨日のNYダウの反発から本日の相場は少しは戻すかな?
と思いきや弱く寄り付いて始まりました。


その後、各アジア市場の海外市場の株価の下落とともにずるずると株価を下げた展開になりました。


そんな本日の全体の動きはこのような感じです(涙)


日経平均 17,453.51 -150.61 (-0.86%)
日経平均先物 17,390.00 -150.00 (-0.86%)
TOPIX 1,740.11 -12.63 (-0.72%)
JASDAQ平均 2,179.30 +0.69 (+0.03%)
JASDAQ指数 88.30 -0.81 (-0.91%)
マザーズ指数 1,081.37 -32.58 (-2.92%)
ヘラクレス指数 1,784.66 -34.17 (-1.88%)


弱いですね〜^^;
特に新興市場は酷い惨状ですね・・・


ここ最近の動きを見ていると、日本市場は既に海外市場のレベルでの視点が必要になってくるなとつくづく思います。


個別企業の業績うんぬんに限らず、大きな流れに飲まれての下落という雰囲気を強く感じるからですね。


上海発の世界株安・・・
なんて言ってますけど、結局、上海の下落からNYダウも大幅に下落したことから飛び火したと言えるでしょうね。


今後の展開はどうなるでしょうか?
正直、全くわかりませんがそう下げ続けるものか?
と思うとそれもおかしな話じゃないかとも思っています。


昨日のNYダウは反発は弱かったけれども、下げ止まったといえますし、今日のアジア市場動向は日本を始め下落していますが、下落の勢いも弱まっているように見えます。


今は、各国の海外株式市場の動向を見ながら、チャートの動きを見ながら様子をみるしかないでしょうね。


キーポイントは、やはりNYダウのさらなる反発が確認できないと、日本市場の復活も難しいのではないかと思う所です。


ただ、本日の各国アジアの海外株式市場の動向は下落している市場が多かったのですが、
今見る限りのヨーロッパの海外株式市場は比較的に堅調に推移しています。


これみてください。
海外の株式市場がひと目でわかります。


こちら ⇒ 海外市場があなたの手のひらに!


でも、よ〜く見るとヨーロッパの市場もあるタイミングから急降下していますね^^;
一体なんなんだ・・・(汗)


なんとか終値では各ヨーロッパ市場は上昇して終えて欲しいですね。
あとは、インド市場が大きく反発している所は少し嬉しいところです。


こんな風に海外市場を眺めていると、気分だけでも国際投資家になって気分ですね♪
ってそんな気楽な話じゃないですけどね。


さてこんな海外市場を見つつも、結局はNYダウの反発が今日あるかないか?それでまた雰囲気がだいぶ変わってくると思います。


今晩の相場動向がまた気になりますね。


なんとか少しは気分良く週末を迎えたいと思うばかりです。
明日、じり下げするようなら少し下落は長期化するような気配ですね^^;


という訳で本日はこの辺で!

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックでランキングが上がりまする。



nenri96 at 21:17|PerlmalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

ランキングは浮上してきますた!

こんばんは〜!
本日もお疲れ様でした。


昨日の上昇で、さらにNYダウの上昇で引けて終えていただけに本日の寄り付きは高く付くと思っていましたが、シナリオ通りになりました〜!


その後、じわじわと上昇してもみ合いながらも結局は終ってみれば、大幅高でもなく微増でもなくいい感じに引けました。


全体の相場はこんな感じです。


日経平均 17,897.23 +144.59 (+0.81%)
日経平均先物 17,890.00 +110.00 (+0.62%)
TOPIX 1,776.71 +11.40 (+0.65%)
JASDAQ平均 2,200.68 -2.61 (-0.12%)
JASDAQ指数 90.28 -0.25 (-0.28%)
マザーズ指数 1,132.48 -3.92 (-0.34%)
ヘラクレス指数 1,850.37 -29.15 (-1.55%)


でも良く見ると新興市場は弱いですね^^;
う〜ん、これはダヴィンチ・アドバイザーズの不動産評価の不正があったことから、ダヴィンチだけでなく、同業他社も同様に株価を切り下げた事による影響による物と思われます。


う〜ん、新興市場がまた信用が失墜しますね(汗)
また長い新興市場に暗雲が立ち込めてます・・・


関連銘柄は、損切り、もしくは売りで流れに乗るほうが良さそうですね^^;


さてこんな状況ですから、また東証の銘柄が底堅く上昇しそうな感じです。今日も上昇し、日経平均18000円に向けて上昇してきてもおかしくない流れです。


ただ、18000円にタッチするとひとつ達成感で、下落する要因になるかもしれません。


明日は、金曜日なのでそこまで行かずに来週に持ち越される可能性も無きにしも非ずです。


今日はGDPの経済指標も良い内容が出たようですが、日銀の利上げうんぬんの話には発展していない感じです。


どうも、日銀利上げはタイミングとしてはまだ早すぎるような気がしています。何だか、政府も今回は前回のように日銀に激しく牽制球を送ることなく、しずかに利上げ見送りとなるような気がしています。


ただ、なぜか円高に触れています。
これだけが気になります。


ひょっとしたら為替が円高になるって事は、利上げの可能性もなきにしもあらずです。この為替動向だけが、日銀の動向を知るモノサシ的な物になる為に為替動向のチェックは欠かせないですね。


さて、そんな全体の相場観はともかくとして、サッポロHDが買収されそうなニュースが飛び込んできました!


これです ⇒ サッポロが買収される?


このニュースはちょっと以外でした。
ある種僕の中ではサプライズなんです。
ある程度規模のある会社だから、歴史のある会社だからこそ、今回の買収の流れはインパクトが強いです。


こういう流れになってくると買収されたら価値の高そうな企業などに注目が行きそうです。


例えば、原子力発電の技術を持つ日立辺りなんかも、又注目が出てきそうな感じです。


買収防衛策として、自社株買いなどを仕掛けて自分から株価をあげていく戦略を取ることも考えられなくないですので^^;


そういう意味での株価上昇へは期待できそうです!
という訳で本日はさら〜っと終了いたします。


なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックでランキングが上がりまする。




nenri96 at 00:47|PerlmalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
ランキングは少しずつ上昇〜!


米国預託証券を簡単に言ってしまうと、米国内の投資家が国際的な株式投資を簡単に行えるようにするために、米国以外の発行体の企業の株式を米ドル建てで売買でき、配当金も米ドルで受け取れるようにしたものです。


例えば、日本企業ならば、米国市場に上場しているソニーなどの売買を活発化させる為に、ドル建てなどで売買できるようにしているような状態の事を言います。


日本企業も米国市場から資金調達もしたいですし、やはり国際企業として信用を確立するためにも米国市場に米国預託証券の形で上場することは意味があるわけです。


英語表記では( American Depositary Receipt)となり、別名でADRとも呼ばれています。


この米国預託証券の裏を返せば、外国人投資家の目に触れやすく、外国人投資家の資金が入りやすい株ともいえる。


最近は、もっぱら外国人投資家の売買動向が株価の上昇に影響しているので、この米国預託証券を発行している企業を中心に外国人投資家が目を付けそうな銘柄を見ていくと良さそうです。


この米国預託証券は、日本企業で153社発行している。その内の29社が日本企業ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している。


以下の市場に日本企業の米国預託証券が発行されている。


[編集] ニューヨーク証券取引所
アドバンテスト(ATE)
キヤノン(CAJ)
NTTドコモ(DCM)
日立製作所(HIT)
本田技研工業(HMC)
オリックス(IX)
コナミ(KNM)
クボタ(KUB)
京セラ(KYO)
松下電器産業(MC)
みずほフィナンシャルグループ(MFG)
三菱UFJフィナンシャルグループ(MTU)
NISグループ(旧ニッシン)(NIS)
日本電産(NJ)
野村ホールディングス(NMR)
日本電信電話(NTT)
ソニー(SNE)
TDK(TDK)
トヨタ自動車(TM)

[編集] 上場を廃止した企業
パイオニア(PIO) - 売買高が少なく、株式事務を合理化するため
三菱東京フィナンシャル・グループ(MTF) - 三菱UFJフィナンシャル・グループとして即日再上場

[編集] NASDAQ
ダイエー(DAIEY)
富士フイルムホールディングス(FUJIY)
インターネットイニシアティブ(IIJI)
麒麟麦酒(KNBWY)
三井物産(MITSY)
マキタ(MKTAY)
ミレアホールディングス(MLEA)
NEC(NIPNY)
日産自動車(NSANY)
三洋電機(SANYY)
トレンドマイクロ(TMIC)
ワコール(WACLY)

[編集] 上場を廃止した企業
CSK(CSKKY) - 売買高が少なく、株式事務を合理化するため


これら米国預託証券を発行している企業の株価をチェックするのに、とても便利な株式サイトがあるのでそちらもご紹介しておきます。


コチラ ⇒ 日本株米国預託証券一覧


例えば、米国市場に上場しているソニー株が上昇していれば、日本株も同じように上昇する可能性は高いわけで、連動性は高いです。


また海外投資家から目に付きやすい企業とも言えるので、この米国預託証券の上場企業は、外国人投資家の資金が入りやすい企業として注目しておくと良いでしょう。


なるほど、米国預託証券ですか、勉強になりました!と言う方は一つクリックでランキングが上がりまする。



nenri96 at 13:15|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント