(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

株式相場展望&見通し

先週に出たEUによるストレステストの結果ですが、

10年後にギリシャの国債が償還されるという前提での査定基準となっており

ストレステストの結果として出た資本不足の金額はあまりにも少な過ぎるかと・・・

米国でのストレステストの結果は7兆円あまりだった事も考慮しますと

今回の結果があまりに少な過ぎると思うのは、私だけでしょうか?

臭い物に蓋をして、現実を見れない程の状態がある事を考えると・・・

この実態は相当ヤバいかと思われます。

多分、資本不足は軽く一桁間違っていると思われます。

EUという各国の統一通貨たる弱さかもしれませんが、ギリシャの国債償還にレベルを合わせてのストレステストでは、全く意味がないと思いますね。

個人的見解として、このストレステストの結果に対してのメッキが、週前半から、早々に剥がれそうな気がします。

戻り売りのチャンスとも言えますね。

では、本日は短いですがこの辺で。



nenri96 at 20:03|PerlmalinkComments(0)clip!

こんばんは、本日もお疲れ様でした。
参議院選挙も終えて、ワールドカップも終わって・・・

マーケットは次の材料を探しているといった様子になってきました。

と言うよりも何もなければ、今あるトレンドの流れに合わせた動きに相場は動きそうです。

さてそのトレンドという意味で日経平均株価と中国上海市場の株価の値動きをチェックしてみたいと思います。

ここ最近は、特に日経平均株価は中国市場の動向の影響を受けていると思いますので、であるならば中国上海市場の株価動向も合わせてチェックしたいと思います。

3ヶ月、6ヶ月、1年チャートを眺めてみたいと思います。

まず日経平均株価の動きです。

■ 3ヶ月
nikkei225_100713_3mon


■ 6ヶ月
nikkei225_100713_6mon


■ 1年
nikkei225_100713_1year


いずれのチャートを見る限り日経平均株価は下値更新の動きとなっています。

1年チャートで見れば安値圏に位置しているとも見れますが、3ヶ月、6ヶ月チャートでは下値更新の動きとなっていますので、ここ数日の反発上昇も上値が重く、再び下落展開になりそうな可能性は高いです。

いずれにせよ日経平均株価9000円のラインを守りきれるか?
ここが焦点になってきそうです。

このラインを固めて再びもみ合いながら上昇するトレンドを作るようであれば
少しずつ買い増ししたい所ですが、現状では下落方向の可能性が高いですね。

続けて中国上海市場の株価動向について見てみましょう。

■ 3ヶ月
syanhai100713_3month


■ 6ヶ月
syanhai100713_06month


■ 1年
syanhai100713_1year


中国上海市場の株価は、3ヶ月、6ヶ月、1年チャートともに完全なる下落トレンドです。

このトレンド継続により、今後も中国上海市場は下落傾向が続きそうです。

すでに中国の不動産市場はバブルが弾けたとも言われていますので、この株価動向は今後も注目です。

また中国上海市場の弱い動きに日経平均株価も影響を受けていますので、この中国市場の動向は今後も注目です。

というわけで総括ですが・・・
ユーロの景気動向、アメリカの景気動向は水面下ではますます悪化の一途を辿っています。

表向きには景気回復傾向にあるという報道もあるようですが、いやいや・・・厳しいですよ。

このソブリンリスクが既にアジアの韓国に飛び火しているという話も入ってきました。韓国ウォン安と、インフレ対策に0.25%金利を上げています。

この動きからさらに韓国の信用不安につながらないか注意しておきたい所です。

という訳で、これらの市場の関連から考えると日本株式市場の株価動向はやはり下落の可能性が高いかと思います。

では、本日はこの辺で!



nenri96 at 20:59|PerlmalinkComments(0)clip!
こんばんは!本日もお疲れ様でした。
日経平均株価はついにダブルボトムが崩壊してしまいました。

つまり・・・
底堅い抵抗ラインを割ってさらに下落しました。

という事は日経平均9000円割れを意識する展開が再びやってきたと言う訳です。

この動きを日経平均株価の6ヶ月、1年チャートで確認してみましょう。

■ 6ヶ月
nikkei225_100701_6mon


■ 1年
nikkei225_100701_1year


6ヶ月チャートを見れば、まさに抵抗ラインを割って、まさに新世界の下落ゾーンに突入してしまっています。

ここからさらに下落する動きの可能性は高いです。

さらに1年チャートで見ると、まさに日経平均9000円ちょい前の抵抗線での動きが確認できます。

2009年11月の反発ラインとその前も9000円ちょい前での反発となっています。

そのために、もし仮にここを割って下落したら、大変ですがここを割らなければ再び反発していく動きになると考えられます。

テクニカル的な側面だけをみれば、日経平均9000円付近での買いエントリーは妙味アリです。

ただ、ファンドメンタル的な側面で考えるとユーロ圏、また米国の金融規制法改革成立などを背景にますます信用不安が高まっています。

この詳細についてメルマガの方で詳しくお話したいと思いますので、そちらをド購読ください。

では、本日はこの辺で!


記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 22:25|PerlmalinkComments(0)clip!
うぅ、今日は暑いですね^^;

我が埼玉は33度あたりをマークしましたが、本格的な夏を思えばこのぐらいの暑さで勘弁して欲しい所です。

暑さとは逆相関に、生ビールはますます美味しくはなりますけど(笑)

さて日本株式市場はどんな感じでしょうか?
例の日経平均9000円割る動きにならず、底堅い動きを形成してついには日経平均株価1万円台に復活という所まできました。

ただこの節目で利益確定売りとなった模様ではありますが・・・

さて、ここ最近の株価や為替の動きを総括すると、ユーロリスクにはだいぶ市場が反応しなくなってきました。

とは言え、個人的に思うのはユーロ経済は今後、ますます悪くなってくると思われ、今のこの市場の反応は一時的な戻りに過ぎないとは思いますが、どこまで戻すか?これは見ものではあります。

戻りきった後の、ユーロの売りのエントリー、再びのユーロ安は日本株のみならずNYダウにおいても、再びの下落スタートとなりそうな気がします。

さて、そんな事はさておき・・・
現在の日本株の動きを改めてチェックです。

6ヶ月、1年、2年チャートで並べて眺めてみます。

・6ヶ月
nikkei225_100617_6monthr


・1年
nikkei225_100617_1year


・2年
nikkei225_100617_2year


※ クリックするとチャートが拡大します。

さてどうでしょうか?この動き。
6ヶ月チャートを見ると抵抗ラインを形成している動きとなっています。

そしてここ数日の上昇からの利益確定売りの動き。

また1年チャートをみると同じような動きが見えます。今のところ、日経平均株価9500円下あたりを抵抗ラインとして、底堅く推移していく動きが考えられます。

このラインを割らずに推移していくならば、今後、もみ合いながらも今の下落位置から再び上昇トレンドを形成して行く可能性は考えられます。

移動平均線の上の方向に向かっていく動きになる感じですね。

また2年チャートをみると、これもまた今のラインをキープできれば再び上昇する動きになりそうです。

ただ前述したとおりにユーロリスクは全然なくなっていないので、あのリスクが再び注目されてくれば、また弱い動きになってきます。

個人的に思うのは、ワールドカップでユーロが熱狂している間はユーロのソブリンリスクの話が注目されてくるのは、ないような気がしています。

そのワールドカップがいつまでなのか?
と言うのが気になりますが、7月11日が決勝トーナメントの決勝日のようなのでしばらくは、大丈夫そうな気がします。

ワールドカップ決勝トーナメント日程

これといった根拠はないのですが、ワールドカップで世界中のメディアや人々の意識が4年に一度のお祭り騒ぎで注目している間は、あまりマイナスな部分のニュースにフォーカスされにくいだろうと思いますね。

そのほとぼりが冷めてきた頃は、そういえば・・・
っと思い、われに返ると大変な事になっている!?な〜んてことで再び、ユーロリスクがマーケットに影響を与えそうな気がシテイマス。

やばい時こそ、楽しい事で忘れたい。蓋を閉めたいと思うのは誰もが思うところですからね・・・

さてどうなるかわかりませんが^^;

と言うわけで、しばし底堅い動きで揉み合いながら再び上昇する動きになる可能性の動きになってきました。

では、本日はこの辺で!




nenri96 at 19:16|PerlmalinkComments(0)clip!
こんばんは、本日、日経平均も年初来安値となりましたが、昨晩NYダウにおいても同じように動いています。

まさにNYダウと日経平均株価の連動していると言っても言いすぎじゃないですね。

また世界のマネーの6割が集まっていると言われている、この米国市場におけるNYダウの株価チャートの推移を見ることは今後の日本株を考える上でも非常に意味がありますので、本日はこのNYダウのチャート推移を見て行きたいと思います。

と言うことでNYダウの6ヶ月、1年、2年チャート見てみたいと思います。

■ 6ヶ月
nydow100609_6month


■ 1年
nydow100609_1year


■ 2年
nydow100609_2year


※ クリックすると画像が拡大します。

さてどうでしょうか?
この動きは・・・

6ヶ月と1年チャートをじ〜っと見るとすでに抵抗ラインを割っており、このままさらに落ちていきそうなそんな直前に見えなくは無いです。

またNYダウは昨晩、年初来安値更新しているので、6ヶ月チャートでみれば、当然に下落更新の動きで5月からの動きをチャートで見れば短期的には下値切り下げの下落トレンドの動きを形成するような動きにもなっています。

また1年チャートを見ても、上昇トレンドは既に崩れている動きが確認できます。

また2年チャートで見るとこれまた面白くて、移動平均線はどれも25日、50日、75日のものですが、2年チャートの場合、これで見てしまうと75日移動平均線よりも上の推移なので、2008年9月のに起こったリーマンショックの下落を基準に見てしまえば、まだ下値余地は十分あると見えなくはないです。

いずれにせよ、上昇トレンドは完全に崩れてさらに下落していく動きが強くなっておりますので要注意です。

トレンド抵抗ラインの節目が割れるとその押された力に崩されるというのが、セオリーですのでその考えでいくとやっぱりNYダウにおいても、今後さらに下落する可能性は強いです。

年初来安値更新で若干戻すかもしれませんが、大枠の流れはやっぱり下落傾向のチャートの動きになっていますので、NYダウの連動性の高い日経平均株価においても、要注意です。

こちらは日経平均9000円が抵抗ラインですが、ここが割れればさらに落ちていく可能性は高いです。

と言うことで本日はこの辺で!



nenri96 at 22:33|PerlmalinkComments(0)clip!
こんにちは、久しぶりの更新となりました。
しかしながら、僕の相場観はあまり変わっていないです。

また一度、キャッシュポジションにした長期保有銘柄ですが、今はまだそのままで買戻しはしていないです。

その理由としては、色々とありますが日経平均株価の既にトレンドは崩れているので、ここからまたトレンドを形成して安心できるチャートとなるまで、買い戻す予定はありません。

また例のユーロのソブリンリスクですが・・・
まだまだ問題が山積みです。

先日、スペインの国債が格下げとなりましたが、AAA → AA となり1段階下がっただけで、というかそもそもなぜスペインがトリプルAなんだよ!とツッコミした人は多いのではないでしょうか?

そして、さらに突っ込みたいのが、それでもダブルAなのか!と思ってしまいます。
ちなみに日本の国債は、Aa2となっています。

A3 → A2 → A1 → Aa3 → A2a → Aa1

つまり、先日のスペインの格下げでも今の日本国債と3段階も差があります。

これってどう思います?

外国人債務残高が44%のスペインがA2で外国人債務残高5%以下の日本Aa2の格付けとは・・・

まぁ、規模などから考えたら
たしかに日本の債務は膨大ですが^^;

にしても、スペイン国債の格付けはないなぁ・・・
と思うのがダレもが思う所でしょうね。

と言うことで今後、さらにスペイン国債の格下げの可能性は高いと見ています。
また例のギリシャは、救済ネタで安心ムードが漂っていますが、とんでもないです。

もしかしたら救済しないかも?なんという話も出てています。
またユーロ各国がそれぞれ全く足並みが揃っていない事も、ユーロのやばさを物語っています。

というか、足並みを揃えられないほど、既に足場が脆くなっているので
他国の事なんかかまっていたら、自分の家が傾いてしまう。

と言うことなのでしょうけど・・・

やっぱりユーロ単体だけでは、もはや片付けられない事態になっていると思われます。

さてそんなうんちくはさて置きとして・・・
ここ最近の日本株の推移を確認してみたいと思います。

日経平均株価の6ヶ月、1年、2年チャートです。

・6ヶ月
nikkei225_100602


・1年
nikkei225_100602_year


・2年
nikkei225_100602_2year


さてどうでしょうか?
6ヶ月チャートを見るとトレンドが崩れてしまっている事が分ると思います。
日経平均1万円を割ってしまっているのが、ソレですね。

そして、1年チャートでは、移動平均線でみれば随分と下げすぎの位置にあることがわかります。ただ、2009年の11月辺りから上昇したトレンドが崩れている今、これからどう動いていくか?正直分らないです。

今分る事は、1年チャートでみた場合、日経平均9000円が反発ライン、抵抗ラインとなっているという事です。

そして2年チャートみるとどうでしょうか?流石にリーマンショックのあの下落がかなり目立ちますね。あの動きから、今後の展開がそうなると当てはめてイメージしてしまうのは、少し早計だと思いますが、日経平均9000円を割ってきたら、次の下落の抵抗ラインを検討しなければならないので、その意味ではリーマンショックの時の下落イメージもしておく必要があります。

と言うことで今現時点言えることは、やっぱり日経平均9000円の抵抗ラインの死守ですね。
ここが割れれば、さらに下落も想定できます。

ただ一方でこのラインを割らずに底堅く推移しながら、新たにチャートを形成しトレンドを作ってきたら、そこは、僕自身もキャッシュから買戻しの動きに動こうと思います。

現状ではその相場形成を見守っている感じです。
日経平均9000円を崩れて下落したらしたで、あぁ、さらに下落したら安い所で買えそうだと思うだけですが(笑)

という訳でしばらく眺めの相場です。

では、本日はこの辺で。




nenri96 at 17:59|PerlmalinkComments(0)clip!
こんにちは、ついに落ちてきました。
日経平均9000円台の前半ラインまで・・・

正直、日経平均株価の9000円抵抗ラインを想定していたものの、この位置まで下ってくるとなると流石にかなり注意しなとヤバイレベルになってきました。

すでに日経平均株価の1年チャートでみれば、今のラインはこの1年チャート内では下りすぎの位置にあります。

が、しかしながら・・・
この1年チャートで日経平均9000円を割れてしまうと、恐ろしい暴落相場に突入する恐れがあります。つまり総投売りのあの暴落相場です。

この暴落相場でどれだけ下ったか?しっかり頭に入れておきたいと思いまして、2年チャートでの日経平均株価のチャートもあわせて貼り付けておきます。

・日経平均株価1年チャート
nikkei225_100525


・日経平均株価2年チャート
nikkei225_100525_2year


ちなみに、この本日の株価下落がこなしても、世界経済状況の好転は見られず、むしろユーロが本当にやばい事が徐々に分ってきて、みんな売りを少しずつ出しているという感じです。

これは自分の感覚ですが、まだまだ売りは出ると思います。
なぜなら日本株の小型株で業績の良い銘柄は、結構、株価は堅調なものが多く、思った以上に下らないです。

ここ最近、業績の上昇修正や決算内容の好転で吹き上げた銘柄においては、こんな地合においても株価は強く全然下っていないです

つまり、日本株だけみても、まだまだ下落余地があるってことです。
投資家はまだ投売りしていないです。

これをまず頭に入れておくと、今の下落水準からさらに下る事も充分に想定できます。

そして、今回、世界株価が暴落しそうな匂いを漂わせているという所に、NYダウの株価チャートの株価推移があります。

これが非常に今、微妙なラインなのです。
NYダウ1万ドル割れが再びのものとなっています。

この位置を大きく割ってしまうと、恐らく相場崩壊となってさらに大きく下落する流れになってきます。

NYダウ1万ドルのライン割れの下落インパクトは大きいですぞ。

と言うことでNYダウも1年チャートと、2年チャートと暴落した時の下落も想定しつつ、こちらに貼り付けておきます。

・NYダウ1年チャート
nydow100525_1year


・NYダウ2年チャート
nydow100525_2year


あのリーマンショック時の2008年9月の下落の勢いを見てしまうと、今回の株価の抵抗ライン割れの下落はかなり注意が必要だと見ています。

僕自身もそうですが、あの暴落の記憶はまだ残っていますので、それもまた必要以上に下落を引き起こす動きに繋がるかもしれません。

またこのインパクトの下落で考えられる事は、ユーロ崩壊と中国金融引き締め、この両方があります。

インパクトとしてはユーロ崩壊がやはり大きいと思いますが、これが既に水面下で現実のものとなりつつあります。

まだ表沙汰になってきておりませんが、ギリシャ、ポルトガルときて、スペインまでもがそのリスクとして広がってきました。

実はこのスペインは大きなポイントです。
日本の生保金融機関もスペイン国債を沢山買い込んでいるという話もありますので、既にユーロに話は留まらず世界的な暴落につながる可能性が徐々に現実のものとなってきました。

さてこの動きを受けて・・・
個人的には、日本株の保有ポジションの大部分をキャッシュにしました。

その理由は、利益が出ている銘柄も結構ありましたので含み損の銘柄も含めて、今のうちに売却して暴落リスクを避けて置こうと思いました。

と言うわけで長期保有の銘柄を次々にキャッシュ化しました。

世界株価の暴落の兆しがありますので、要注意です。
NYダウ1万ドル割れるようならば、暴落アラートが点滅しますので注意してください。

また日経平均株価は9000円が抵抗ラインです。

ここを死守して底堅いならば、買いも妙味ありかもしれません。
ただ、ここを割って下落するようならば仮に買ったとしても損切りして撤退する事をおススメします。

と言うわけで世界株価暴落注意です。

では、本日はこの辺で!

記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 17:32|PerlmalinkComments(0)clip!

こんにちは!
週末は草津温泉に行ってきました。

リフレッシュしてきましたが、今日は若干、温泉の湯あたりでよい意味で疲れが出ており頭が回りません(汗)

そんな中で株式市場と言うと・・・
例のユーロ安の動きを受けた金曜日のNYダウの値動きを受けて、日本株も大きく下落しました。

本日の日経平均株価の下落を反映させた株価チャートに
1年チャートで線を引いて確認してみました。

ちなみに、前回の記事では下値を結ぶ線が間違っておりましたm(__)m
正しくは、本日の下値線となっています。

nikkeiheikin100517Z


既に下値を結んでいく上昇トレンドの動きは崩れています。
ただ今、形成している日経平均の上昇トレンドが崩壊するか?しないか?の抵抗ラインは、日経平均株価1万円となっています。

過去のブログの記事を見てもらうとわかりますが、この日経平均株価の1万円ラインの攻防は間違いなく激しいものになりそうです。

また2009年11月頃に下落して反発した底値と、その時点の75日移動平均線との下落幅を⇔としています。

この下落幅を今回の75日移動平均線からの位置に当てはめてみると、仮に日経平均株価1万円割れてからの下落からの反発想定ラインは、日経平均株価は9600円〜9700円付近となります。

下落しすぎの反発買いがこの辺りになるかもしれません。
それとも、次の抵抗ラインの日経平均株価9000円か?どちらか?

いずれにせよ日経平均株価1万円を割るか割らないか?この攻防は熾烈な戦いになると思います。
ここを割ってしまうと、次の抵抗ライン日経平均株価9000円の新たなるゾーンに入ってきます。

と言うわけで例のユーロがらみでついに日経平均株価1万円割れで上昇トレンド崩壊となるかもしれないという事も念頭に入れておく必要があると思います。

もちろん、この抵抗ラインで株価が底堅い動きであれば、再び上昇に転じる事も考えられます。

こちらは前回の株価チャートに引いた線のようなイメージです。

では、本日はこの辺で!

記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 17:39|PerlmalinkComments(0)clip!
こんにちは!今週もお疲れ様でした。
今週は非常にがまんくらべな一週間でした。

トレードは、すき屋のゼンショーを利益確定したくらいで
目立ったのものは殆んどありません(涙)

さてそれは兎も角として、今の日本株の動きを改めてみて見ましょう。
これが今後の動きを考える明日の肥やしになりますから。

これ日経平均株価の1年チャートです。

nikkeiheikin100514Z


さて、前回の日経平均株価の下げの目処ラインの線から、さらに次の展開を考えるような線を引いて見ました。

NYダウがあの1日で1000ドル近い下落となったあの日の恐怖から日経平均株価ももしかしたら日経平均株価1万円を割る動きになるか?と思ったら以外にも底堅い動きになっています。

本日金曜日も大きく下げて終わっていますが、チャートを見てみると結構底堅い感じです。

このままこの付近の株価をウロウロとするならば、上昇トレンドは崩れていないので再び上昇して山を形成していく可能性は高いです。

その動きの方向の→を引いてみました。
また日経平均1万円あたりで反発した場合も同じように→を引いています。

また株価のうねりは前回の高値からの下落幅⇔をひいて、今回の下落に当てはめています。
コレを見るとほぼ、同じような下落位置に落ち着いています。

やっぱりこのラインは底堅いラインなのか?という感じです。
そうなると下っても日経平均1万円付近がさらに底堅い所か?

こんな動きになっています。
個人的には、なんか買いに向かいたくない気持ちなんですが、チャートを冷静にみるとそろそろ買っても良い頃あいなのかなという動きになっています。

以前、ブログでもご紹介したGW明けがチャンス相場になるかもしれない
という日経平均株価のチャートの動画解説したものがありましたが、なんだかこの解説の通りの展開になってきている感じです。

またNYダウの1年チャートも線を引いてみてみました。

nydow100514_1yearZ


これはあの暴落した一晩の下落がかなり気になる動きになっています。
あれがちょうど前回の下値反発ラインまでの下落なだけに非常にやな感じです。

ただあれは、ちょうど下値反発ラインでなんとか踏ん張ったとみれば、上昇トレンド継続とみて矢印の上に株価が再び戻っていく展開になります。

いや、トレンドが崩れたから弱いかも?
と思えば、さらに下落して、NYダウ1万ドル付近でどうなるか?という所です。

正直、NYダウはあの暴落があっただけに、今後の展開がどっちに行きそうかわからないような動きをしているのが現時点のチャート形成と言う感じです。

あの暴落の下落がなければ上昇トレンド継続は間違いないのですけど、なんだか嫌な感じなのです。

と言うわけでNYダウは微妙な感じなのですが、日経平均株価を見ればまだ上昇トレンド継続していますので、今からさらに下落するというよりは、上に反発して上昇していく可能性のほうが高いです。

ただファンドメンタルでは、みずほ銀行が大型増資したり、不動産デベロッパーの民事再生や上場廃止が最近復活しつつあるので、嫌な動きではあります。

と言うわけで積極的に手がけにくい感じです。

チャートだけみれば、良いタイミングではあるんですが・・・
う〜ん、もう少し株価も底堅いチャートを形成してからにしようかなと思います。

では、本日はこの辺で!
今晩から草津温泉でゆっくりしてきます。

記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 17:33|PerlmalinkComments(0)clip!

GW明けの日本株の株価チャートの動きについては
こちらの解説動画を見ていただけると良くわかると思いますが・・・

ゴールデンウィーク明けがチャンス相場?

この日本株がGWでお休みの間に世界市場は大きく動いてきました。

そして、5月4日、5月5日の現在と下落して推移して、NYダウの株価チャートが崩れ始めました!

と言っても良く見れば今は上昇トレンド中の調整下落です。
日経平均株価の動きに近づいてきたNYダウの株価と言っても良いかもしれません。

まず6ヶ月のNYダウ株価チャートを見てください。
6ヶ月なのであれですが、調整下落した時のシュミレーションとして前回の下落幅を適用してイメージしてみました。

nydow100505_6month


下落幅を当てはめた線と、75日移動平均線の下まで下落した場合の線を引いてみました。

それともっと長い目で1年チャートのNYダウ株価推移の下落した際の下値でも線をひっぱってみました。

nydow100505_oneyear


この6ヶ月と1年チャートではラインがずれてしまいますが、これでやってみてわかったことは調整下落してきた場合は、今のNYダウの株価よりさらに大きく下落した位置あたりまで下落余地があるということでした。

1年チャートで見ると調整下落すると大体NYダウにして800ドル前後は下落して動いています。

この想定で考えると・・・
NYダウは10400ドル辺りまでは下落余地がありそうな感じです。

いずれにせよ動きとしてはNYダウが調整下落の動きとなりつつあるので、この動きに注意が必要です。

当然、この動きに日経平均株価は影響を受けますので要注意です。

と言うわけで本日はこの辺で!



nenri96 at 23:23|PerlmalinkComments(3)clip!
こんばんは!日本がゴールデンウィークの真っ最中の間に世界株価と為替は大きく動き転換を迎えそうな感じです。

先日、ユーロによるギリシャ救済がほぼ確定となり日本株においても反発して金曜日の相場を終えました。

為替もずいぶん円安に動きました。

ただ金曜日の相場を見ていて思ったのは、反発の力が弱い・・・
と言うことでした。

やはり連休前のなんとやらで、買う人も多くは無かったのだと思います。
この連休の間に例のギリシャ救済問題など色々と動きそうな話があるので、だったらその動きが分ってからでいいんじゃない?という感じで連休前に手を出す人が少なかったように思えます。

そして、出ました!

その夜の金曜日に・・・
例のゴールドマンサックス関連のネタが。

それで土曜日の朝に起きてみたら、びっくりNYダウが150ドルオーバーでの下落です。

う〜ん、やっぱり・・・
日経平均の調整下落するのを待って居てよかった。
連休前に手を出さずに良かったと思えるような展開になっています。

この内容を受けて週末あけての相場はたぶんアジア市場は弱くなると思いますが、日本は連休中なのでまたこの間に何が起きるか分りませんね。

ちなみに4月29日までの日経平均株価のチャートを再度チェックしておきましょう。

nikkeiheikin100429Z


再び線をひっぱってみましたが・・・
まだ下値の上を推移している時点で、まだ買いに向かうには早いと思いますと前回もそんな感じでしたが、今もその推移を継続中ですね。

ただこの動きも来週月曜日に相場があれば、ゴールドマンサックスのネタでまた下落したと思いますが、日本は連休中なので相場が無いので何とも言えません。

今言えることは、まだチャートが調整しないと買いでのエントリーは早すぎるかなとみていることです。

もちろんゴールドマンの件もありますが、例のギリシャ問題もまだまだ簡単に解決する話じゃないです。

結局、救済するにしてもギリシャ自体が相当な財務削減をすると降参した挙句にもちろん、これは政府のみならず国民にも大きな犠牲が伴います。

これを本当に受け入れてギリシャは財務削減をやりますよ!と言えるかどうかです。

バブルに乗じて、さんざんやるだけやっておいて、いざお金に困ったら何の代償も無く救済して〜!なんて虫のいい話はありません。

ドイツもフランスも、ただ救済するわけではないです。

救済の実行には、本人が自覚して、犠牲を伴いながらも本気で財務削減を実行するぞ!と政府と国民とが納得した上でようやく救済が実現していくものとなります。

そんな数日でまとまる話じゃないんですよ。

それゆえ・・・
ギリシャ救済が簡単にまとまるとは到底思えません。

為替も株価も救済ネタで安心して上昇しては、現実に引き戻されてはまた下落するという事が繰り返されるはずです。

と言うことで救済話でそう簡単に片付く話ではないということを、念頭に入れておいて頂ければ幸いです。

と言うことでまずは、ゴールデンウィーク中に世界の動向を見ながら、ゴールデンウィーク明けの日本株式市場の戦略を考えていく必要があります。

ただ今の日経平均株価のチャートを見ながら、どの辺りまで来たらそろそろ買いかな?と自分なりに考えておくことは充分意味があると思います。

またこの日本株の動向について今が買いなのか?それとも売りなのか?わかりやすく解説している無料動画があります。

ゴールデンウィーク明けがチャンス相場?

非常に参考になる動画ですので、この連休中にチェックしておくと良いと思います。

と言うわけで本日はこの辺で!
良い連休をお過ごしください。



nenri96 at 20:30|PerlmalinkComments(0)clip!
こんにちは!本日もお疲れ様でした。

ギリシャ国債のソブリンリスクで為替相場は乱高下していますが
日本株においてはどうなのか?

実際の日経平均株価のチャートをみて一緒に考えて行きましょう。

このソブリンリスクに伴うユーロ安の動きは
FX投資家にとっては実はチャンスだという見方もあります。

こちらについては実際の対ユーロの通貨ペアごとに
為替チャートを解説している動画がありますので観てみると良いです。

ソブリンリスクのユーロ安は実はチャンス?

※ 音声が出るので仕事中の方はご注意ください。

ユーロ安と言っても、色んな通貨ペアでの為替チャートみると
一概にユーロ売り一色と言えないのが、この解説で良くわかります。

その上で、このソブリンリスクの影響を受けた後の
日経平均株価の動きはどうなのか?という点について本日は解説したいと思います。

まずは本日の日経平均株価の株価チャートを見てみましょう。

nikkeiheikin100427Z


昨日の4月26日の日本株式市場はギリシャ救済報道での買い安心感で
大幅上昇となっております。

そして本日4月27日は、ソブリンリスクが再燃して
為替は円高になっているのにも関わらず

本日は、日経平均株価11,212円で
46円高(前日比+0.42%)となっています。

その一方で中国の上海市場で一時3%を越える下落となる中でも
日本株のこの底堅さです。

どうやら中国の政府の金融引き締めに対する警戒感からの株価下落のようです。

本日の上海市場の株価推移

この3%の中国市場の下落は注意したいですね。
でも、この下落にも関わらず日本株は強し!

自国の株式市場ながらこの強さはちょっと不思議です(笑)

そしてこの本日の日経平均の株価チャートの下値で線をひっぱってみましたが・・・
下値切り上げの株価推移の上昇トレンドの継続が確認できます。

nikkeiheikin100427Z


この点から考えると・・・

ソブリンリスクや中国の金融引き締めのリスクが
あるにも関わらず底堅い動きの

日本株を売りトレードで利益を出すのは
難しい状況である事がわかります。

もちろん、今、保有している日本株を売って利益確定するのは自由ですが
新規で売りトレードによって利益を出す事は難しそうです。

その一方で、この日経平均株価の動きを見て

今、日本株は買いなのか?と言えば・・・

下値を引いた線と、今の株価の位置との乖離がある事を考れば
まだ買いじゃないな〜!と思っています。

その理由は、上記にあげたソブリンリスクや
中国の金融引き締めのリスクだけでなく

ゴールドマンサックスによる訴追動向や
日本株市場においては、ゴールデンウィークも
意識され始める時期でもあり

株価の下落要因は大きいと見ているからです。

少なくとも・・・

チャート上に引いた線の下値切り上げラインまで
株価が下落してくれば買いも検討したいのですが
今の位置では買いは、まだまだ〜!とみています。

個人的に、ソブリンリスクも報道されているよりも
簡単な話ではなく、かなり根深いと思いますので

再びユーロ安の連鎖が続くと思いますけどねぇ。。。
ポルトガルの国債もかなりヤバイ感じです。

ギリシャと一緒にポルトガルが
道連れになるという話もあるくらいですから(汗)

という訳で本日はこの辺で!

記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 17:32|PerlmalinkComments(0)clip!
ソブリンリスクで話題になっているギリシャですが・・・

ギリシャ10年もの国債が大幅に下落しており
その金利がなんと8%まで上昇しています。

ちなみにユーロの金利が1%程度だと思いますが
この7%金利差は一体なんなのでしょうか??

このギリシャもユーロのひとつと見るのは
かなり厳しいんじゃないでしょうか。やっぱり。

やはりギリシャをユーロから外して
一度、ギリシャをデフォルトさせた方が良いと思うのですが
どうでしょうか?

ユーロ通貨の価値を保つ為には
この策しかないように思えます。

ちなみにユーロ救済では、総額300億ユーロを救済策として
当てるらしいですが・・・

はっきり言って全く足りないです。
焼け石に水です!

その救済額の300億ユーロは7月までカバーできるらしいが
年内に必要な額は1000億を越えるらしいです。

ちなみにどのくらいギリシャの債務残高があるかと言うと・・・
ギリシャ :2970億ユーロもあります。

さて、この対応はユーロはどうするのでしょうか一体??

またギリシャだけでなく、ソブリンリスクを負っている
ユーロの豚と皮肉に言われている各国の頭文字をとった
「PIGS」の各債務状況のデータを整理しましたのでご確認ください。

P:ポルトガル
I:イタリア
G:ギリシャ
S:スペイン

■ 財政赤字比率 GDP比率

ポルトガル:8%
イタリア :5.3%
ギリシャ :12.7%
スペイン :9.5%

■ 政府債務残高 GDP比率

ポルトガル   77・4%
イタリア   114・6%
ギリシャ   112・6%
スペイン   54・3%

■ 公的債務残高(単位:ユーロ)

ポルトガル:1302億
イタリア :1兆8000億
ギリシャ :2970億
スペイン :4789億

■ 外国人保有債務の割合

ポルトガル:80%以上
イタリア :42%
ギリシャ :77%
スペイン :44%

※ 2009年見通し

ギリシャの次も確実に来そうです。
ポルトガル辺りもかなりやばそうな感じです。

ちなみにGDP比の債務残高で言えば
日本は197.2%にも達しますが・・・

この債務のほとんどの国債は自前の債務なので
今の今まで大丈夫なのであります。
まぁ、問題と言えば問題ですが・・・

※ 各国の債務残高GDP比

さて、話はギリシャに戻りますが
もし焼け石に水でもギリシャにユーロ救済となった場合は
やはり間違いなくユーロ安・ドル高の動きになるかと思います。

そしてドルと円はほぼ連動して推移しているので、この動きとなれば、円高となり他の通貨ペアにおいても円高の動きになるかと思います。

リスク回避のドル買い、円買いの流れでしょうね。

もちろん、ギリシャのデフォルトとなれば株安にも繋がりますので要注意です。

今のところ、NYダウ先物には少し下落していますがあまり目立った動きはないですね。

米国企業の決算が予想よりも良いものが出ている事もあり影響がそんなに出ていないといった印象です。

シカゴ日経先物も今日の日経平均株価と大して変わらない動きで、明日はもみ合いそうな動きです。

個人的には株価の調製下落は中途半端ですので、もうちょっとど〜んと下がって欲しいです^^;

今日の上昇も買いは我慢でじっと待っています。

記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 20:55|PerlmalinkComments(0)clip!
こんにちは!今日は実に過ごしやすい気温です。
まさに春という感じの天気がやっと来たなぁ・・・

という感じであります。

さて、日本株式市場においては先週前半から
今、株を買ってはいけません!という動画を紹介しつつ、自分自身のテクニカル分析においても、今は買って行くタイミングではないとお伝えしておりました。

まだこの動画を見ていない方は是非とも観てください。
投資判断の材料として非常に参考になるはずですので。

■ 今、日本株を買ってはいけない理由とは?

先週一杯は重苦しい株価推移の中で、金曜日に利益確定売りからの動きが活発化し大きく下落して、そして本日月曜日も日経平均株価は大幅下落となりました。

まさに調整下落のパターンとなってきましたね。
この株価推移を反映した株価チャートを確認して、今回の下落の反発ポイントをイメージしてみました。

nikkeiheikin100419Z


下値を線でひっぱり今回の下落からの反発ラインとして想定した場合は、日経平均10700円付近がその下値で結んだラインとなります。

また下値で結ぶだけでなく、ここ6ヶ月間で日経平均の高値から下落からの値幅は日経平均株価の値幅で1000円〜1500円くらい下っていますので、日経平均株価の下落の反発ポイントをこの値幅で考えるとさらに株価下った位置が想定できます。

これについては前回書いた記事の通りです。

最近の日経平均株価の高値が4月5日の高値11408円ですので・・・

ここを頂点として日経平均株価が調整下落した時に1000円〜1500円下落したとすると・・・

日経平均株価 9900円〜10400円までの下落も考えられる。

もっぱら日経平均株価1万円の節目ラインの抵抗線は強いと思うので、日経平均株価10000円〜10400円までの間まで下落する事も想定できます。

と言うわけでこのような反発ポイントを想定して、今回の日経平均株価の下落をじ〜っと眺めておきたい所ですね。

今週は買いのエントリーであれば、今週はじっと我慢の相場になりそうです。

ただ今週を過ぎればゴールデンウィークの連休が気になる相場になりますので、ますます相場が静かになりそうで、やっぱり買いはしばし見送った方が良さそうな気がしています。

ただし・・・
日経平均10000円付近まで下落してきたら、個人的には買いを発動させようと思います。

逆張りですが、上昇トレンド継続中なのでそこは突っ込んでみようと思います。

と言うわけで本日はこの辺で!

記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 16:56|PerlmalinkComments(0)clip!

こんにちは!今日はかなり暖かいですね。
この気温で今週末は関東最後のお花見になりそうです。

さて、無料メルマガの方でもご案内しておりますが・・・

今、日本株は日本株を買ってはいけません!

という動画を観られましたでしょうか?
まだ見ていない方はこちらからどうぞ。

■ 今、日本株を買ってはいけない理由とは?

この動画で解説しているサイクル論の考えを踏まえつつ、今の日経平均株価の株価チャートをじっくりと見ながら、仮に株価が調整下落するとしたらどこまでその下落ラインの目処になるか考えて見ました。

それで日経平均株価のチャートに線をひっぱってみましたので、こちらを見てください。

※ クリックするとチャートが拡大します。

nikkeiheikin100409


太い矢印の線がその抵抗ラインです。
これをじ〜っとみると、下落の目処となるラインが日経平均株価10600円〜700円くらいと考えられそうです。

今の日経平均株価が11203円なので、その下落幅は500円〜600円くらいでしょうか?

充分ありえる話ですね。
仮に調整下落してきた時にどのくらいまで下落するのか、想定しておくことは非常に大事だと思いますので、自分なりにチャートを眺めながらイメージしておくといざという時にエントリーできると思います。

またこの抵抗ラインからさらに下るとすると、他の調整下落の想定もしておく必要があります。

過去一年間で大きな上昇の山からの日経平均株価の下落幅は大体1000円〜1500円くらい下落して反発しています。

と言うことを考慮して今の日経平均株価に当てはめると、最近の日経平均株価の高値が4月5日の高値11408円ですので・・・


ここを頂点として日経平均株価が調整下落した時に1000円〜1500円下落したとすると・・・


日経平均株価 9900円〜10400円までの下落も考えられる。


もっぱら日経平均株価1万円の節目ラインの抵抗線は強いと思うので、日経平均株価10000円〜10400円までの間まで下落する事も想定できます。


ということで日経平均が調整下落で大幅に下落してきた時に、この辺りまでの下落が今現時点で考えられます。


この調整下落の考えについて、なぜ今、こんなことを言えるか?という話については冒頭でも少しご紹介した株価チャートの解説動画を見てもらえればなるほど!そういう考え方もあるな。と納得いただけると思います。

■ 今、日本株を買ってはいけない理由とは?

わずか12分程度の動画ですが、投資判断の1つとして観てもらえたら幸いです。


記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!





nenri96 at 16:18|PerlmalinkComments(0)clip!
こんばんは!今日も寒いですね〜。
なんか春という気が全くしないのは僕だけでしょうか?

この所、ちょこちょことお花見に顔を出していますが、ほとんど寒い思いをしていますね^^;

でもこれだけ寒ければ逆に桜もなが〜く楽しめそうであります。

さてそんな寒い春の一方で日本株式市場は最近、非常に良い感じです。まず本日までの日経平均株価のチャートを見てみましょう。

nikkei225_100405


いや〜、改めてみて気持ちよいほどの上昇トレンドが形成されています。こんな心地よいほどのチャート形成はなんだか久しぶりです。

長く耐え忍んできた時期がようやく突き抜けてきたというそんな株価チャートが日経平均株価で確認しされています。

が、その一方で少し急ピッチで上昇し続けてきたこともあり、少し過熱感が出ている事も事実です。

日経平均においては、ここ数日の株価の動きのようにじわじわ株価が動いているからアレですが、個別株の中にはかなり急騰して上値更新を一気に突き抜けた!みたいな株が結構あって、僕が保有している銘柄もいくつかは、利益確定し始めています。

日経平均の推移を見ても、テクニカル的に上昇トレンドのチャートで安心感がありながらも多少の過熱感は否めません。

ここからのスィングトレードの買いはちょっと我慢した方が良さそうです。

少し調整下落するのを待ってもいいレベルだと僕はそう見ています。

ただその一方で相場の好調で日経平均15000円まで上昇するかも!?という話もアナリスト辺りから聞こえてきました^^;

いや〜、何を根拠にそんな事をいうのかわかりませんが、そういう事をいうアナリストはただ目立ちたくて名前を売りたいだけなのであまりに鵜呑みにしないことです。

出遅れ感のある日本株がやっとこさでリーマンショック前の株価に戻るか?と話も出てきました。

ちなみに今言われるとその株価が日経平均にしてどのくらいだったか?はっきりと覚えている人は少ないんじゃないでしょうか?

ちなみに僕もはっきり思い出せませんが、日経平均13000円くらいじゃないか?そんな程度にしか覚えていません。

さて、いくらだったでしょうか・・・

これがその2年チャートです。
2008年9月でしたね。

nikkei225_100405_2year


ちなみに株価下落以上に僕にとっては忘れもしない出来事でした。
仕事で関わっていた会社が大変なことに・・・

さてそんな話はさておき、日経平均でみると12000円の所からの急落ですね。ここがあのリーマンショックでしょう。

ただ今思えば、その前にすでにチャートの抵抗ラインが割れているので兆候はあったこともわかりますね。

さて日経平均12000円がリーマンショック前とすれば、充分に射程圏に入ってきていますね。

本日の日経平均株価の終値が11339円ですから、あと700円あまりですね。

ただこの700円の値幅を一気に上昇して到達するとは、今の株価の過熱感が出ている状況では考えにくいです。

少し調整下落しながらも、もみあいつつ下値を切り上げては上昇し、上昇トレンドに乗ってこの日経平均12000円を目指す展開となりそうです。

というわけで本日はこの辺で!


記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 21:18|PerlmalinkComments(0)clip!

こんばんは、井手です。
花見の気になる季節ですが・・・

我が埼玉はめっきりすっかり寒いです!寒いです。
こんな寒い中でお花見するのも大変だろうなぁ・・・なんて思うくらいに寒いです。

31日に吉祥寺の井の頭公園でお花見をしようと思っているのですが、大丈夫かなぁと不安になってきました。

さてそんな不安はさておき、日本株もとい日経平均株価は非常に良い感じの動きになってきています。

本日の相場終了後の株価チャートをチェックして見ましょう。

nikkei225_100329


※ クリックするとチャートが拡大します。

本日は3月権利落ち日でしたが、通常権利落ち日は日経平均株価にして80円くらいは下落すると言われています。がしかしながら・・・

日経平均株価の終値は、1万986円で9.6円安です。
う〜ん、強いです。

権利落ち日じゃなかったらむしろ上昇しているというところでしょうか?

ちょうど株価チャートも上値更新直前となる日経平均11000円突破を今か今かという感じのところに来ています。

ちなみに・・・
ここは、軽く突破していくだろうというのが今の僕の個人的な判断です。

既に短期的な上昇トレンドになっているので、さらにここを突破すればさらに上昇する動きが確認できる節目に今あると言えます。

ということで今後の動きはかなり楽しみにしています。

では、本日はこの辺で!


記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 19:02|PerlmalinkComments(1)clip!

こんばんは、本日もお疲れ様でした。
前回の更新からの日本株の動きは相場展望どおりの展開となってきましたね。

日経平均株価10500円を越えてさらに上昇する動きになってきました。

今日までの上昇とその推移を改めて確認してみましょう。

nikkei225_100318


※ クリックするとチャートが拡大します。

短期的な上昇トレンド形成となっていますね。
ただテクニカル的には少し調整下落が必要な水準まで来ている所で本日の下落の動きになっていると思われます。

為替も各国通貨でいっきに円安に動いたので一休みという所でしょうか?

株価チャート上では短期的な上昇トレンド形成となっていますが、次のターゲットは上値更新の日経平均11000円を突破してさらに上昇する動きが確認できるかどうか?

ここに注目です。

テクニカル的な側面からは、株価の上昇の方向となっています。
また一方で政府支援策として金融緩和策が出てきました。

これで市場にお金が出回りやすくなるので一段と株価が上昇しやすくなるでしょうね。

ここで個人的に注目しているのは不動産セクターです。
最近、破綻懸念の不動産関連銘柄です。

既に自力での再建は難しいような会社も破綻することなく頑張っている所をみると
これはやはり国の方針としての意向があるのかもしれません。

金融緩和されれば当然、資金繰りの厳しい不動産銘柄にも影響が出てくると思いますので低位に放置されている不動産関連銘柄は今後、急騰して上昇してくる動きがボツボツ出てくるのではないかと睨んでいます。

ただ僕が狙っているのは、破綻しそうな会社ではなく
しっかり黒字経営をしながらも安値圏に放置されている不動産関連銘柄です。

万が一がないとは言えませんので
リスクは考慮したいと思います。

と言うわけで株価チャートの側面以外の部分でも株価の上昇に繋がる要因が出てきました。
日本株は上昇モードに入りつつあるとみています。

では、本日はこの辺で!


記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 22:20|PerlmalinkComments(1)clip!

こんばんは!明日からまた相場が始まりますね。
注目すべきは、先週金曜日の相場終了後に発表された米雇用統計の内容です。

予想より良い内容が発表され、特に大雪の影響もあり事前情報では内容的にはあまり良くない雇用統計が発表される事をある程度織り込まれていた動きでしたが、その事前予想よりも良い雇用統計指数が発表された事によって、ポジティブサプライズの動きで一気に為替も円安に動きました。

そしてNYダウにおいても、122ドルも上昇しています。

またシカゴ日経先物の指数も10546円まで上昇して終了しています。

ということで明日の日経平均ですがやっぱり高く始まるでしょうねぇ。

そんな見込みをしながらも、先週金曜日までの日経平均株価のチャートをチェックして見ましょう。

nikkei225_100306


※ クリックするとチャートが拡大します。

どうですか?チャートを見てもらうと分りますが、日経平均10500円を超えてくると前回のチャートの山の高値を更新して短期的な上昇トレンド形成になります。

というわけで明日は、日経平均10500円を超えて終値をつけてくると今後の株価推移的に底堅く上昇してくる流れになってきますのでそこに注目です。

円安回帰の流れで明日は自動車関連株や国際優良株などの大型銘柄など幅広く上昇する展開となりそうです。

と言うわけで本日はこの辺で!

記事が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 22:29|PerlmalinkComments(0)clip!

こんばんは!井手です。
本日もお疲れ様でした。

先週金曜日の先物売りによる大幅下落が本日一気に買い戻されて、本日1日での日経平均の上昇は276円で日経平均10400円と大幅上昇となりました。

ここからさらにどう動くかは?今現時点の日経平均の株価をまずじ〜っと確認しつつ今後の展開を考えて生きたい所です。

nikkei225_100222


※ クリックするとチャートが拡大します。

確認されましたか?
どうでしょうかねぇ・・・勢い的にはこのままもう一段上に上昇していきそうな気がしますが・・・その後さらに伸びていく展開になるかは正直微妙な所です。

というのも、先日、日経平均株価1万円を割ってしまっていますのでトレンドが崩れた状態です。なので今の日経平均株価の方向感は揉み合いとなっているからですね。

ですので方向感が今は無い状態ではあります。
ただ、ココ数日の動きでは乱高下はするものの比較的に株価は底堅い動きで再び上を目指す展開の匂いもあることも事実で、今の株価チャートを見れば日経平均株価は上昇する動きが優性には見ています。

まぁ、ただこれもまた先週からの円安の動きが、本日で一段落しているのでまた微妙な株価の動きになりそうでまさに株価は揉み合いの動きになりそうです。

ちなみに・・・
既にご存知の方はいらっしゃるかもしれませんが、不動産投資ファンドのダヴィンチや新興系不動産デベロッパーのプロパストなど既に自力での復活が非常に難しくなっております。

こちらに投資を検討の方やくれぐれも持ち越しはご注意ください。
いつ吹っ飛んでもおかしくない状態です。

また現在保有の方は悪い事はいいませんのでお早めに処理された方が良いと思います。

仮にこれらの会社が破綻した場合、これらの企業に関連した施工会社の建設会社も当然、大きな損失をうける可能性がありますのでご注意ください。

またこれらの会社の影響や、潜在的なほかの不動産会社のリスクなども連想される事もあるので不動産関連株や、建設関連株は上値が重く、下落圧力が強くなってきますのでご注意くださいね。

では、本日はこの辺で!


少しでも相場観が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 19:05|PerlmalinkComments(0)clip!

こんばんは!本日もお疲れ様でした。
いあいあ、週末のNYダウの動きからある程度予測はしていましたが・・・

日経平均1万円の抵抗ラインを割れてしまいましたねぇ。
このラインを割ったことは日経平均株価の今後の動向を考える意味ですご〜く意味があります。

と言うわけで本日の日経平均株価のチャートを再確認です。

nikkei225_100208


※ クリックするとチャートが拡大します。

う〜ん、1万円台が割れたら・・・
次の抵抗ラインはどこだと思います。

むむむ・・・

ずばり日経平均9000円なのです。

いずれも2009年7月、11月あたりにズンズンと下落して9000円付近で反発していますね。

と言うわけで当面はここまでが抵抗ラインになります。
ちなみに大抵株価の節目となる抵抗ラインを割ってしまったら、さらに下落していく形にあります。

なぜならば・・・
その抵抗ラインというのは、売りと買いの攻防があり割ってしまったという事は・・・
つまり買いのエネルギーよりも売りが強かったと言うことに他ならないからです。

ちなみに短期的には少し反発して上昇するかもしれませんが、株価チャートの動きとしては抵抗ラインが割れているので間違いなくさらに下にいくエネルギーが強くなっています。

と言うわけでさらなる下の動きへの可能性を考えてトレードして行きたいと思います。

では、本日はこの辺で!


少しでも相場観が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 22:17|PerlmalinkComments(0)clip!
本日もお疲れ様でした!
いやいや、最近のめっきりの寒さに風邪気味です。

こんな寒い日は一日中炬燵に入ってDVDでも見ていたい気分です。

DVDと言えば、最近かなり話題になっているマイケルジャクソンのThis Is Itがかなり売れているみたいです。



うちのおかんもコレ観たいなと言ってるくらいだからそりゃー売れているのだと思います(笑)

さてそんな話はさておき・・・
本日の日経平均ですが、ここ数日、例のトヨタリコール関連でトヨタ系の各社がかなり売り込まれています。その影響で日経平均の株価も弱い動きが続いています。

ただ一方では、ホンダやソニーが上方修正の決算を出すなど明るい話もちらほら出てきました。こんな動きを踏まえて日経平均株価の現在のチャートをじっくり見てみたいと思います。

nikkei225_100204


※ クリックするとチャートが拡大します。

う〜ん、どうでしょうかね?
短期的には反発して行く流れかと思いますが、個人的にはもっと下ってから反発して欲しかったです。

中途半端な位置ですね。

本日相場終了後にソニーの業績上方修正も出ていますし、明日は反発に向かう可能性が高くなってきました。

またトヨタ系の会社への売りが一巡すれば全体としてもっと上昇しやすい地合が出てきそうです。

個人的には株価がぐぐっと下ってほしかったのですが、例の米国金融機関の決算が大手どころでは対したインパクトのある決算は出てこなかったので、株価も特に大きな動きはなかったですねぇ^^;

次の決算は4月になりますがここはさすがに何らかのものが出てくるとは思いますが、それまで今のところは比較的底堅い動きになりそうな感じです。

あとは為替次第と言うところでしょうか?

ちなみに2番底のリスクはなくなったわけではありませんので勘違いなきようお願い致します。あくまでも米国決算時期を要注意時期として次の4月辺りの決算を注意しておきたいと思っています。

と言うわけで、為替の動きをみながらですが
1月中旬以降にキャッシュポジションを増やしていたところを、また買いで少しずつ拾っていこうかなと思っています。

3月末以降は要注意でそれまで現時点では底堅い動きになるのかな〜とぼんやりと思っています。

と言うわけで本日はこの辺で!


少しでも相場観が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 18:10|PerlmalinkComments(0)clip!

こんばんは、井手です。
昨年末から警告していた動きがいよいよ本格化してきた感じです。

1月中旬からの株価の下落から一気に動いてきました。

本日の下落を含めた日経平均株価チャーを改めてみてみましょう。

※ クリックするとチャートが拡大します。

nikkei225_100126


1年チャートとなります。
短期的な株価の節目は、日経平均1万円ですがそこが割れると日経平均9000円となります。

この抵抗ラインが割れれば、さらにど〜んと落ちる展開に(汗)
う〜む、株価チャートの動き的には今のところ日経平均1万円ですね。

ちなみに例のオバマ大統領による金融規制で世界的に金融収縮しそうな気がするのは僕だけでしょうか?おそらくこの政策を通さなければ、アメリカは再びサブプライムの時にあったような、〜ショックに見舞われる事になると思います。

サブプライムローンの次は、プライムローンかな恐らく。
ここも相当ヤバイらしいです。

また商業用不動産も相当な下落っぷりとなっており、今年に入ってから9行も米金融機関が破綻しているのはこの影響が大きいと思いますね。やっぱり・・・

そしてオバマ大統領の金融規制によって起こりうること。
これはやっぱり株価が下るでしょうねぇ。間違いなく。

レバレッジを用いて投資行動を行う金融機関において、リスクを押さえたトレードに限定されると言うことは何を意味しているのか?

これをじ〜っと考えれば、なぜ今後株価が下っていくのか?分ると思いますが・・・

これについては、メルマガの方で取り上げて行きたいと思います。

無料ですので是非ご購読くださいませ〜!

いやぁ、遅かれ早かれ2番底はきっと来るでしょうね。
近いうちにど〜んと来そうな気がします。。。

では、本日はこの辺で!

少しでも相場観が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 19:36|PerlmalinkComments(1)clip!

こんばんは、井手です。
しばらくブログの更新をサボっておりました。

日本株の方はあれよあれよと、上昇し続ける展開に首をかしげていたのですが、いよいよと下落してきそうな感じです。

本日終値の日経平均株価のチャート推移を確認してみましょう。

nikkei225_100120


クリックするとチャートが拡大します。

6ヶ月チャートですが、移動平均線の乖離率からみると収縮する動きになりそうですね。またチャートの動き的にも山を描くように上昇から上値が重い展開で下落する動きになってきて、下落を意識する動きになってきました。

またここ最近の株価上昇には、外国人投資家の動きがあったといわれていますが、実際に確認してみましょう。

外国人投資家の売買動向

ず〜っと買い越ししていた動きが、本日売り越しになっているところに注目です。

この所の日経平均株価の上昇のけん引役は、やっぱり外国人投資家だったのか?と思わざる得ないような展開ですね。

なぜ、しぶとく上がり続けるのか?と首を傾げていましたが、国際優良大型株を中心に堅調に上昇している動きも多く見られたこともあり、おそらく外国人投資家だろうなぁという程度しかみていなかったですが、やっぱりその通りの動きでしたね。

今後の展開も、やはり外国人投資家の売買動向の影響を受けそうですが、本日の売り越しは気になりますね^^;やっぱり・・・

個人的には、1月入りしてからずっと調整下落がありそうだと思っていたので、いよいよかなぁ・・・と思っています。

それが実際どういう動きをするかは、わからないですが弱い動きの可能性は高いと思っています。

と言うわけで本日はこのような相場展望で見ております。

少しでも相場観が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 22:58|PerlmalinkComments(0)clip!

こんばんは!本日もお疲れ様でした。

本日の日本株は日経平均がさらに高値更新していくなかで、後場からは上昇幅が縮小して高値更新後の利益確定売りや高値圏での警戒感もあり、結局、日経平均10681円で終了しています。

高値10791円からの下落にやはり上に行く力が弱くなってきたという感じです。

また週の後半からは、今週金曜日に控えているSQと米雇用統計の発表、そして成人式となる祭日月曜日の3連休も控えており、かなり慎重な相場になりそうです。

ロイターによる関連記事も参照あれ

日経平均は調整下落してきそうな可能性が高そうです・・・

また来週からは、いよいよ米金融機関の決算発表が意識されてきそうです。
1月14日、15日あたりから少しずつ出てきますので要注意が必要です。

この所、続いてきた円安も再び1ドル91円台に戻っていますし、一旦、日本株の上昇も調整下落に向かいそうな展開となってきそうです。

と言うわけで本日はこの辺で!

少しでも相場観が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!


nenri96 at 19:24|PerlmalinkComments(1)clip!

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

こちらは元旦に食べた自家製の燻製です。

燻製をやりはじめて3年目にして、念願の生ハムを作りました。
これがまた大好評でした。

kunsei01


生ハムは作るのに3週間くらいかかるんですが、いやぁ、それでもこの美味しさは感動でした。

いやいや・・・
お正月は朝から飲んでグッタリしていた事は言うまでもありません。

また今年2010年は南アフリカでワールドカップが開催されます。
南アフリカの通貨にわずかですが投資している自分としては、この南アフリカの動向が気になるところですが、昨年末に少しご紹介したように南アフリカのワインは非常にコストパフォーマンスが良くて、これを飲みながら2010年を迎えました。

いやいや、今年は良い年になる。
間違いないです。

と勝手に思いにふけっていました。

さて、そんな元旦の様子はさておき・・・

明日から大発会で、株式市場がスタートします。
午後も相場がありますのでご注意ください。

その日本株ですが、年末にいっきに円安になっていますね。
気が付けば93円に!?早いなぁ・・・

そんな円安の影響はやっぱり受けそうな明日からの日経平均株価ですが、現状の株価推移をチェックしてみましょう。

nikkei225_091230


※ クリックするとチャートが拡大します。

現状を冷静に分析しますと、少し調整する動きなりそうです。
11月末からの上昇の勢いから高値更新まで突き抜けてきましたので、この上昇の反動があってもおかしくない位置でさらなる上昇には、少し時間がかかりそうです。

ただテクニカル的には日経平均の高値更新をしているので、さらなる上が望める展開になっています。調整下落後にさらに上昇していきそうな動きになっています。

というのが今の見解です。
あとは、年末の円安がどう影響するか?

年末の大納会は、JAL問題で株価が下ったので、この影響がなければ円安による輸出関連株の株価上昇のパワーを受けて日経平均がさらに上昇するか?それとももみ合う形になるか?

大発会ということもあり、思いの他に上昇するかもしれないですが、この位置からさらに買い進むには、個人的には厳しいと思います。

個人的には既に日経225のETFなど一足早く利益確定してしまっています^^;
なので、下ってきてほしいですね。

あと2010年はテーマとなるのは、不動産関連です。

1月の中旬以降に決算がある米金融機関の内容次第では再び相場が大きく動く事もありますので要注意です。

景気楽観モードに市場がなってきているようであれば、より一層に緊張感を高めてしかるべきタイミングに行動できるようにしたいですね。

このキーは、儲けるも、損するもボラティリティが高いのが不動産関連だと思います。

と言うことで、現時点での相場観はこんな所です。

では、本年も何とぞ宜しくお願いいたします。

少しでも相場観が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!


nenri96 at 15:32|PerlmalinkComments(2)clip!
こんにちは、2009年の相場もあと明日の30日を残す所のみです!明日30日は大納会ではありますが、2009年から大納会は午後相場もあり通常時間の取引となりますのでご注意ください。

また2010年の大発会も午後相場がありますので通常取引時間となります。

さてさて2009年の締めを意識するような相場になっていますが、気になるところでは、日経平均株価が12月28日の終値で高値更新しています。

つまり揉み合い相場からの突き抜けてさらに上に株価が上昇する可能性が開ける形となりました。この高値更新から上場トレンドに入る可能性が高くなりますので今後に期待です。

ただ今の日経平均株価を冷静にみれば、連日の上昇でテクニカル的に少し高値圏にあります。じっと株価チャートを眺めてみてください。

※ クリックするとチャートが拡大します。

nikkei225_091229


結構な値幅の上昇で高値更新で今後に期待を持たせる展開であるものの、短期的には少し調整が必要なフェーズです。

という訳で、個人的には日経225のETFを目をつぶって利益確定売りしてキャッシュ化しておきました。

そんな中でシカゴ日経先物の株価はと言うと・・・
さらに上昇して10700円台をさらに超えた水準になっています。
う〜ん。

シカゴ日経先物

さらに株価は伸びるのか・・・
うむむ、ちょっと早かったかなぁ。

日経平均株価においては高値更新の値動きで、今後の上昇が期待できそうな動きになっていますが、先日もご紹介したように来年1月中旬以降は米国金融機関の決算が出てきますので、要注意です。

それと個別株では不動産セクターに注目しています。
最近、不動産購入にエコポイント導入が決まるなど政府支援で不動産セクターを支える動きが濃厚になってきました。

不動産価格のあたまとしっぽの所は、政府でコントロールしているぞ!という確信が過去の歴史をみるとどうしてもそう思わざる得ないのですが、最近またいよいよ不動産を支えてきている感じですね。

低位不動産や内容を吟味してエントリーすればかなり利益が取れそうです。

また年末年始は休まずにメルマガを発行しますのでお楽しみ〜!

少しでも相場観が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!


nenri96 at 17:13|PerlmalinkComments(0)clip!

こんばんは、井手です。
最近、底堅い日本株式市場ですが・・・

日経平均も順調に10500円台に載せてきました。
ここからさらに10600円を突破して上昇ともなると、上値更新で今後に期待が持てそうです。

先週末のシカゴ日経平均は10575円をつけており、明日からの相場も期待が持てそうです。

年末年始とほのぼのとした雰囲気が続きそうなそんな感じでもありますが、本日発行したメルマガでもお話したのですが、来年1月中旬以降はちょっと注意です。

例の米商業不動産の影響がじわじわとその辺りから明らかになりそうなタイミングだからですね。

詳しくは、メルマガを読んでくださいね!

と言うわけで今年はあとわずかですが、株式相場はあと3営業日です。
締まっていきましょう〜!

少しでも相場観が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!


nenri96 at 00:31|PerlmalinkComments(0)clip!
こんばんは、明日はなんとクリスマスイブです(汗)
いやはや一年は恐ろしく早いです・・・

いや〜、毎年クリスマスイブという、この響きは寂しいですね。
きっと君はこないラララと思わず口ずさんでしまいます(涙)

さてそんな切ないプライベートはさておき、日本株の相場をじっくり眺めてみます。先日の相場では揉み合い相場の中で予想以上に大きく動いた相場でした。

その動きを反映した日経平均株価です。

nikkei225_091222


10月半ばの山を越えていきそうな勢いです。
また日経平均10500ラインが抵抗ラインになっています。

ここを突き抜ければ、さらに上が見えてきますが・・・
果たしてどうなるか?ここを突破するには、現時点ではエネルギー不足な気がしています。

日経平均10500円ラインの攻防ですね。

このラインを突破してさらに上昇していけば、チャートは上に抜けていきますので要注意です。

このポイントを踏まえつつ、ここ最近の日本株の底堅い強さをみると、反応しているのは日本政府のなんらかの政策発表からの反応しての上昇となっています。

先日は、例の暫定税率廃止、そして新税によるガソリン税維持・・・
なじゃそりゃ〜!と思った方は多いことでしょう。

また住宅購入の贈与税非課税枠拡充の政策発表もありました。

これにより不動産銘柄の上昇要因になったことも事実です。

この所、こういった政府政策の発表によって市場が反応して、上昇している動きになっています。いわゆる政策要求相場になりつつあるように思います。

日経平均10500円突破のエネルギーも、何がしかの政策発表でさらに上に突き抜けたい所ではあります。

また、外部要因では、米国指標の中古住宅販売指数が大幅に改善したという発表が出た事で、シカゴ日経先物においても22日の日経平均株価よりもさらに上昇して推移していますので、明日はこの株価に近づく株価推移になりそうです。

シカゴ日経先物の推移

この動きで明日以降でさらに上昇し展開となるならば、年末年始は、底堅い動きで大納会、大発会で縁起よい感じでさらに上昇していきそうな雰囲気に包まれていきそうです。

先日、記事で取り上げた米商業不動産の影響については、恐らく来年の米国金融機関の決算発表あたりがキーになりそうかと・・・

またこのあたりはメルマガの方で取り上げて行きたいと思います。

では、本日はこの辺で!

少しでも相場観が参考になりましたら、以下、応援クリックをお願い致しますm(__)m
ランキングが上昇で喜びまたブログを書く励みになります!



nenri96 at 01:15|PerlmalinkComments(0)clip!

こんにちは!年末は連日飲み会続きの方も多いのではないでしょうか?自分も連日イベント続きでお腹が弱っています・・・つい一昨日に今年最後の一大イベントも無事に終えることが出来て、かな〜りほっとしてやっとブログを投稿できているという感じであります^^;

吉祥寺の老舗JAZZバーのサムタイムを貸しきって年末パーティーをやりましたが、大成功に終わりました。いやいや本当に良い会になったなぁ(しみじみ)

さてそんな事はさておき・・・
株式市場の方に目をやってみますと、日経平均株価においては何だか膠着状態の様子です。

nikkei225_091221


※ クリックするとチャートが拡大します。

チャートをじっくり見ると上値が重い展開が続いており、なかなかさらに上に伸びにくい所にいます。ここから少し下落して11月末ごろの下値からの反発の勢いもなくなり、再びいつ下落調整してもおかしくない位置にあります。

あとはさらに上昇していくには、何かのネタがほしい所で高値更新するにはエネルギー不足な感じもあります。

何もなければこのままパッとしない相場で日経平均1万円付近を右往左往しそうな様子です。ただし、一方でドバイショックの影響がやっぱり出てきました。

それは何かというと・・・
以前から騒がれていた米商業不動産のリスクです。

これについてですが、ドバイショックで話題となったドバイワール保有の物件に米商業不動産があり、競売にかけられて売られたNYマンハッタンの中央部にあるユニオン・スクエアーがなんと日本円にして2億円で売られました。

でこの買値は?というと2006年に282億円でドバイワールドが購入したものがです。いやいやどんだけ暴落してるのですか?という話です。

ただ実際にこの物件にはローンもそのまま引き継ぐらしく、それが97億円。
ということで実際には約100億円あまりでこのNYマンハッタン中心部のホテルを購入したとか・・・

いやはや、暴落していますね。
米商業不動産が・・・・

ブルームバーグの12月8日の記事です。

この記事について

この米商業不動産の暴落の影響が日本の不動産市況や、日本株式市況にどう影響してくるか?要注意でその動きを注目しないといけません。

この米商業不動産については、お友達のリート投資家の大家さんも警鐘を鳴らしているように、米商業不動産の崩壊が金融恐慌の2番底になるリスクがあるといっています。

いわゆるCMBSという商業不動産ローンの負債は、あのサブプライムローンの2倍以上の額にものぼっており、このCMBSの不良債権の増大が、さらに金融機関の損失を増大させて、再び大型金融機関の破綻に繋がる可能性が高いといわれています。

その米商業不動産が、ドバイショックの影響による所からドバイ系企業が米商業不動産を投売りした事が影響して米商業不動産価格が暴落しています・・・

いやいや、これはもしかしたら、いよいよ第2弾の暴落が来るかもしれません。。。
要注意ですよこれは・・・


nenri96 at 18:52|PerlmalinkComments(0)clip!
検索
お勧め仮想通貨取引所

売買手数料0.25%の圧倒的な安い手数料と日本語対応による100通貨を超えるアルトコイン取扱い予定の新仮想通貨取引所ビットプラスが先行登録を開始!
仮想通貨ブログランキング

仮想通貨ランキング

応援クリックお願い致します!



Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。