株初心者のための株式用語

僕自身も、実は株式用語って実はあまりよく分からないのですが、コレだけは覚えておきたいなぁと思う用語ってあると思うんです。

難しい専門用語は苦手なんで、これだけ覚えておけばなんとかなーる。
という用語を25個挙げますね。

うん、これだけは覚えてくださーい。

前場(ぜんば)

後場(ごば)

始値(はじめね)

前引け(ぜんびけ)

後場寄り(ごばより)

終値(おわりね)/ 引け値(ひけね)

高値(たかね)/ 安値(やすね)

ストップ高(すとっぷだか) / ストップ安(すとっぷやす)

もみ合い(もみあい)

塩漬け(しおづけ)

地合い(ぢあい)

利食い(りぐい)

値がさ株(ねがさかぶ)

低位株(ていいかぶ)

ミニ株(みにかぶ)

約定(やくじょう)

大発会(だいはっかい)

大納会(だいのうかい)

・換金売り(かんきんうり)

時価総額(じかそうがく)

機関投資家(きかんとうしか)

PER(ぴーいーあーる)

PBR(ぴーびーあーる)

押し目(おしめ)

カラ売り(からうり)

インサイダー取引

調整(ちょうせい)

以上、であります!

これだけ覚えればある程度は大丈夫です。
のはずです。

でも、知識はあったほうがいいですよ〜^^
ですが、頭でっかちでもしょうがないので必要に応じて
覚えてきましょう。

ではでは〜。


ありがとうございます!この用語をばっちり覚えます。
という方は・・・クリックをお願いします。

ブログランキングが上昇します!


nenri96 at 23:56|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
どういう意味かというと、その会社を知る事を意味する。

つまり会社の売上げや利益がどうなっているかと
読み取る分析手法である。

「株価を読む事」がテクニカル分析に対し
「銘柄を知る事」というのは、ファンドメンタル分析をとなる。

貸借対照表や、損益計算書などをみて
その会社の財務状況や収益状況を読むことで
会社を知る事で、株価を選択する判断基準のひとつである。

ファンドメンタル分析を読み取るには
多少勉強が必要がだが、これは少しずつやっていこう。

全てをいきなり見ようと思っても難しいからである。
ちょっとずつ必要に応じてやればいい。

売上げに対して、経常利益はどれくらい?

つまり、その会社の経常利益率を出すだけでも
競合他社と比較すれば、かなり比較する事ができる。

一般的には、経常利益ではなく
本業の儲けを表す、営業利益を基準とする方が良いと言われている。

営業利益÷売上げ=営業利益率

この比較で、その会社がいかに
利益をあげる力があるかが競合他社と比較する事で
銘柄を選定する判断に使える。

利益の比率差に反して、株価が同じだったり
ずれがあったりしたら、買い・売りを決断するってことね。

このブログに一票!




nenri96 at 00:17|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

テクニカル分析っていうのは、チャートなどを使って
トレンドラインや、移動平均線の見る手法である。

銘柄による【株価の動きを読む】事に利用される。

株価がどういう位置にあり、どういう方向へ向かおうとしているか
現在と過去のチャートから読み取る手法。

テクニカル分析ともうひとつ分析手法にファンドメンタル分析がある。
どっちが必要かというものでもなく、どっちを利用するものと言うものではなく
両方見る必要がある。

どっちかに偏るってのはおかしい事です。

株式投資で勝つ条件は、いかに沢山の判断基準を持ち
勝率の高い形で裏づけをとって投資できるかと言う事ですからね^^

意外と地味なのよ^^

このブログに一票!




nenri96 at 00:04|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 調整(ちょうせい)

一定の期間の間、一定の値幅の中で上げ下げしている状態の事。
上がり基調でも下がり基調でもない水平線に近い状態を言う。
突如のタイミングで噴火して株価が上がる事もある。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 23:11|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ インサイダー取引(いんさいだーとりひき)

株価に影響を与えそうな情報を持っている会社の役員や大株主が立場を利用して
株式を売買する事をいう。インサイダー取引は証券取引法によって規制されております。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 23:08|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ カラ売り(からうり)

値下がりしそうな株を高い所で売って、安い所で買い戻した値幅で
もうける方法。信用取引口座でしか使えない手法。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 23:05|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 押し目(おしめ)

上昇傾向のある株価がいったん下がった所を言う。
その下げを狙って買う事を、押し目買いといいます。


これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 23:03|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ PER(ぴーいーあーる)

市場が評価した値段=時価総額が会計上の株主資本の何倍かを表す指標の事

株価÷1株当たりの株式資本 = PBR

成長性の高い企業は、PBRが高くなる場合が多いようです。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 23:00|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ PER(ぴーいーあーる)

株価が1株当たり利益の何倍になっているかを示す指標の事。

株価÷1株当たりの利益 = PER

この倍率が低ければ低いほど割安と言う事になります。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:58|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 機関投資家(きかんとうしか)

銀行や、生保などです。個人から集めたお金で運用する大口投資家のことを言う。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:56|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 時価総額(じかそうがく)

株価×発行済み株式数=時価総額

時価総額が会社の規模や価値を決める金額として見られる。
株価が高いからといって時価総額が高いわけではない。
株数との掛け算で時価総額=会社の価値が算出される。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:52|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 換金売り(かんきんうり)

株を売って現金にする事。長期の休みの前には換金売りが起こりやすく
株価が下がりやすい。例えば、お盆前やゴールデンウィーク前である。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:50|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 大納会(だいのうかい)

その年の最後の取引の事(通常は12月30日)
この日は前場だけの取引となります。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:49|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 大発会(だいはっかい)

その年の最初の取引の事(通常は1月4日)
この日は前場だけの取引となります。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:47|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 約定(やくじょう)

注文を出した株の売買が成立する事を言います。
約定した値段を約定値といいます。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:46|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ ミニ株(みにかぶ)

最低購入金額の10分の1の株価で購入できる株式の事。
ただ取り扱い証券会社が少ない。単元株については、ミニ株はできないです。
つまり1株単位で買える株の事です。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:44|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 低位株(ていいかぶ)

値がさ株とは逆で、株価の低い株のことを言います。
大体200円以下の株を低位株と言います。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:42|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ ストップ高(すとっぷだか) / ストップ安(すとっぷやす)

1日のうちで、その株の値上がり上限をストップ高といいます。
逆に、1日のうちで、その株の値下がり下限をストップ安といいます。
相場の混乱や、過度な取引を防ぐために上限、下限が決められています。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:32|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 地合い(ぢあい)

相場の状態をあらわす言葉。
相場全体が上げ基調の時、地合いが良い。
相場全体が下げ基調の時、地合いが悪いと言う。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:28|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 利食い(りぐい)

利益が出ている銘柄を利益確保の為に売って利益を確定させる事。
利食いが出ているために下げているなんて、推測をする事もある。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 22:18|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

■ もみ合い(もみあい)


値段が小幅な上下を繰り返し、どちらに転ぶかわからない状態のこと。
もみ合いは株価変動の転換のタイミングになることがあります。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 21:55|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
■ 値がさ株(ねがさかぶ)

値段が高い株のことを言う。業績の良い優良銘柄に多い。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 21:45|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

■ 高値(たかね)/ 安値(やすね)

1日の市場の中で、一番高い値段を高値と言う。
1日の市場の中で、一番安い値段を安値と言う。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 21:42|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

■ 終値(おわりね)/ 引け値(ひけね)

後場が終わる最も近い時間に付いた値段のこと。
15時に最も近い時間に付いた値段のことを言う。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 21:39|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

■ 後場寄り(ごばより)

後場が始まってから最初に付いた値段のことを言う。
12時30分から始まってはじめに付いた値段。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 21:36|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

■ 前引け(ぜんびけ)

前場が終わる11時に最も近い時間に付いた値段を言う。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 21:34|PerlmalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

■ 始値(はじめね)

午前中に株式市場が始まってから、最初に付いた値段のこと。
寄り付きともいいます。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 21:26|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

■ 後場(ごば)

午後からの株式市場を言います。
12時30分から15時までの株式相場の事を後場と言います。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 21:26|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

■ 前場(ぜんば)

午前中の株式市場のことを言います。
9時〜11時の間の株式相場を前場と言います。

これだけは覚える株式用語集トップ

このブログに一票!



nenri96 at 21:25|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント