日経平均株価とドル円為替レートの動きをチェック!

こんばんは!今日はかなり冷えてますね^^;
東京でも気温が1度まで落ち込んでいます。

いよいよ本格的な冬の到来という感じですね!
昨年の夏が嘘のようですw

さて、そんな話はさておき・・・
本日は、日経平均株価とドル円為替レートの長期チャートを比較してみたいと思います。

円高=株安

という言われていますが、本当にそうなのか?
見比べてもらえたらと思います。

■ 日経平均株価

nikkei225_long_110110


※ クリックするとチャートが拡大します。

■ ドル円

usdjpy110110


さらについでにユーロ円も追加です。

■ ユーロ円

eurjpy110110


さて比較してみていかがでしょうか?
改めて比べてみると、日経平均株価とドル円は全く違う動きになっていますね。

日経平均株価は2009年1月からの反発上昇で
日経平均9000円をサポートラインを構築して

2010年8月以降は短期的に上昇トレンドが継続しています。
先週の一週間の日経平均株価の動きをみても高値更新して
今後も堅調な動きが確認できるような動きとなっています。

一方でドル円を見れば、長期的な円高の下落トレンド継続中というのが
改めて確認出来ています。

またユーロ円においても、安値更新して下落トレンド継続中というのが確認できます。

つまり・・・


円高=株安


というのは、必ずしも当てはまっていないという事がわかります。

リーマンショック後に日経平均株価は、日経平均株価7000円辺りまで下落しましたが、その頃のドル円の為替レートは、今よりも円安ですし、その後の動きは連動しているというより、むしろ逆相関的な動きになっています。

もちろん、円高によって株価が下落する事への影響の一つとなっていますが、チャートの比較から見ると、円高と株安は連動していないという事が歴然ですね。

という訳で今後の株価動向には、為替動向は参考までにという事でご注意下さい。








この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント