複利計算シートを使ってみてください

長期にわたる資産運用において、必要不可欠なものがあります。
それは複利運用という考えです。


10年、20年、30年と長期に渡って資産を運用していくと
その複利の効果を使えば、1億円の金融資産を持つ事ができるようになります。


「そんな簡単に言うけど、無理でしょう。」


と思うかもしれませんが、本当です。


と僕が言っても、実感がないと思いますので
実際に複利計算シートを使って、数字を入力してシュミレーションしてみてください。


毎月の積み立て可能金額、運用期間、利回り


これを入力して、計算ボタンをポチっと押すのです。
するとその運用期間後に資産がいくらになるか一発で知る事が出来ます。


「えぇ、こんな金額になるの?」


ともしかしたらびっくりするかも知れませんが
それは複利の効果を使っているからこその金融資産です。


複利効果を使わずに元本だけだったらいくらなのか?
それが複利効果を使って、運用していくといくらになるか?
全て一瞬で計算する事が出来ます。


この複利計算シートを使う為には
先日、ご案内したメール講座に登録して頂き
是非、そのメール講座の内容を読んだ上で使ってみてください。


全8回の無料メール講座の、最後の回で「複利計算シート」が紹介されます。


▽:ごく普通の人が投資で一億円の資産を築く為の資産運用術

コチラ ⇒ http://bit.ly/ceMtZa

メール講座の1回〜7回を読んで頂いた上で
この「複利計算シート」を活用するのがわかり易いので
メール講座をまず読んでみてください。


今後、日本にも導入されるかもしれない
貯蓄税の話から、資産を増やす為の「お金の3原則」


また日本国家の財政状況がわかる家計簿
先進国の国債利回り比較などなど・・・


無料のメール講座と言えども
面白い内容が盛りだくさんでした。


ちなみに僕が一番気になったのは、この貯蓄税の話でした。


2010年7月30日放送のスーパーモーニングという番組で
クレディ・スイス証券チーフエコノミストの白川浩道氏が
提唱する新税収案が取り上げられました。

------------------------------------
「1000万円以上の預金に2%課税する「貯蓄税」
税収は上がり、景気にもインパクトが出る、なぜなら、
 銀行で眠ってるお金(150〜200兆円)が市場に出回るから」
-------------------------------------


いや〜、普通預金の金利が1%も満たないこの国では
資産を預けているだけで、資産が減っていくというこの貯蓄税・・・


こんな悪法を許してはいけないですし
仮にそうなったとしても対応できる資産運用の方法を
今のうちから知っておく必要があります。


その解決となる運用方法をメール講座で知る事が出来ます。


コチラ ⇒ http://bit.ly/ceMtZa

無料のメール講座全8回で是非とも
長期投資で資産1億円を作る方法を知って欲しいです。


という訳で本日はこの辺で!


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント