金融緩和と買い支えで上昇へ(汗)

こんばんは、井手です。
先週は、まさに金融緩和相場と言っても良い動きの日本株式市場でした。

NYダウの金融緩和政策の発表後のNYダウの大幅高!
その影響を受けての日本株の上昇も力強い動きとなりました。

そして金曜日の相場終了後にも、政府による国債買い上げの発表・・・
つまり日本政府も金融緩和を実地すると発表しました。

ということで、この政府による国債買い上げの動きは、NYダウの動きを見ての通りです。

日本株式市場においても、日本国債の政府買い上げによって日本株が上昇する動きへと追随しそうです。

また来週から、ETFやリートへの買い支えが入るとの事ですので、ここはNYダウをはじめ日本株もとい日経平均株価は、さらにロケット的に力強く上昇して行きそうです。

先週金曜日までの日経平均株価の動きです。

■ 3ヶ月チャート

nydow_101107_3month


■ 6ヶ月チャート

nydow_101107_6month


なんだか、無理やり上昇してきた感じがしますけど・・・
トレンドが崩れたと思ったのですが、NYダウの金融緩和を皮切りに反転上昇続きです。

そしてさらには日本政府の金融緩和も発表されて、さらに明日からの相場が上昇しそうな展開となりそうです。

この上昇次第では、今週の相場が今後の上昇へ向かうチャート形成になりそうな感じであります。なんだか強引にチャートを作ってくる動きになりそうですね。

しかし、思うのはこの金融緩和もどこまでやり続けられるのか?
これは気になりますね。


金融緩和=株高=通貨安


この方程式となるわけですが、株高や円安誘導も含めて、どこまで金融緩和ができるか?それほど限りはないと思うのですが、今後の動向や余力などを含めて、その辺りを探って、相場の判断としたいと思います。

しかし、思うのはアメリカの金融緩和はドル安を生むわけで、日本による金融緩和は円安ともなるわけですが、結局、そのバランスにおいても、スムーズに円安とはならずドルとのバランスによってはドル円相場においては、円高にはなりそうではありますが・・・うーむ。


では、本日はこの辺で!


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】12年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】SBI証券
【仕事】自営業 兼 会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】32歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント