ドル89円割れの行方は?

ブログランキングへの応援をお願い致しますm(__)m

おはようございます!
連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

自分の方は石川県は金沢の里山でキャンプをしておりました。また東京に戻ってきてからはバタバタとしていて今週はブログの更新もおさぼりしておりましたm(__)m

さてさて気になる話のドルの前に・・・
先日、ご紹介した三洋電機ですが、株価のトレンドが崩れて下に向き始めています。

■ 三洋電機の株価の推移

前回、取り上げた記事ではチャートの株価は下値切り上げで良い動きだったのですが、その後、洗濯機のリコールなどが続き、昨日に至っては赤字転落という流れになっています。

空気清浄機でもしかしたら美味しいかも?
なんて思いましたがこれでは流石に浮上する期待も打ち消され、株価のトレンドも変わっています。

それでもう1社のダイキンはどうか?
と言うところでは、こちらは良さそうです。

これについてはまた別途、記事をしっかりと取り上げたいと思いますので今しばらくお待ちください^^

さて今日取り上げたいのは、題名の通りドル円の行方です。
昨日、7ヶ月ぶりとなる1ドル90円割れのラインを割り込んだ格好になりました。

そして気になるのは、このドルが今後どういう動きになっていくのか?
という所になるかと思います。

それには、昨年のドル円相場の80円台の為替の動きを抑える必要があります。

まずこのチャートを見てください。

※ 画像をクリックするとチャートが拡大しますのでじっくりみてください!

usdjpy


ドル円の為替チャート1年になります。
さてこのチャートを見て思うことは、昨年12月17日に安値を付けた1ドル87円11銭の所までのドルの下落の動きと、今年の1月20日につけた87円10銭のライン。

ここを意識してドル安にさらに突っ込んで落ちていくようなチャートになっています。動きとしてはまさに下値きり下げのドル安展開となりそうな動きです。


■ 米ドル/円(USD/JPY)

2008年12月17日 87円11銭

2009年1月20日  87円10銭


このラインが下値抵抗線になっています。
ここを意識して、下値きり下げてのドル安展開がどこまでいくのか?


この動きに注目したいと思います。
ちなみに・・・


この1ドル87円10銭ラインを割ってしまうと・・・
1995年につけた1ドル79円75銭ラインを意識する動きになってきます。


まさにドル円相場でのドル最安値を意識する展開に・・・
う〜ん、ドル安発言で有名な榊原氏によると85円辺りになれば為替介入があるのでは?なんて言っていますが、さてどうなるかはわかりません。


87円10銭の抵抗ラインの攻防でそこ割って下にもぐれば、また一気にドスンと動くのが相場の常なので、割ってしまったら85円台はかなり早いと思います。


と言うわけでドル円相場の動きのドル安の展望についてでした。


なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。
という訳で本日はこの辺で


この記事へのコメント

1. Posted by フォレックスプロス   2009年09月27日 19:52
管理人様、初めまして。

突然ご連絡差し上げまして申し訳ありません。FXポータルサイトのフォレックスプロスと申します。

投資家の皆さまに当サイトの存在を知っていただきたく、連絡させていただきました。リアルタイム為替レートやチャート、経済指標カレンダー、フィボナッチ計算機等のツールが大変充実しているサイトです。

また、最近ではFXだけではなく、世界の株価指数や株式情報も追加いたしましたので、お役立ていただけるのではないかと自負しております。

お時間がありましたら、是非一度ご覧いただけたらと存じます。

宜しくお願い申し上げます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント