不動産株の上昇と新たなる狙い目セクター

ブログランキングへの応援をお願い致しますm(__)m

う、気が付けば2週間ぶりのブログ更新じゃないかm(__)m
最近、仕事の方に意識が行っていてブログ更新もままならないのですが、トレードもボチボチやっています。

ここ最近は、細かい売りトレードから買いの方に戦略を転換してこれまたコツコツとやっています。

先日のブログの相場展望では、日経平均の急速な上昇からの調整下落となる展開で日経平均株価の下落も9000円近くまで下落して、さらに下げるかな?と思ったら予想と反して底堅い動きになるにつれて、テクニカル分析から高値推移からの調整下落が終了しています。

ということで日経平均は上昇トレンド継続、25日移動平均線上での株価上昇の動き継続となっています。

う〜ん、この動きは底堅い動きになっています。
この展開では個別株を売ろうにも厳しく、むしろ買いで相場に逆らわずトレードしていった方が良い動きとなっています。

と言うわけで、買いでのトレード戦略となっています。

またここ最近、不動産株の上昇が目立ちます。
これは一重に、日本政府主導の政策による不動産市場の下落対策が効果が出てきている現象と言っても良いと思います。

特に最近は、リート関連の上昇は激しく、この背景にはリート支援の政策を立て続けに政府が出している事の影響があります。

またリートに政府が支援するという事は、不動産市況の下落の歯止めがかかった事を意味しています。

そういう意味では、長らく下がってきた不動産株にも安心感が広がってきます。都言うわけでこの所は、不動産株の上昇率が凄いです。

この関連で、超低位銘柄に位置している建設関連株や不動産デベロッパー系の会社の上昇は凄いです。

かといって破綻リスクがなくなった訳ではないですが、以前よりも破綻リスクはなくなったわけではないですが、不動産市況の下落がおさまりつつあるのは、売られ続けた不動産株・建設株にも大きくプラスに働いています。

またこれらの業界とも関係がある所で、アングラーマネーが入る業界があります。それはどこか?というと・・・

その他金融業です。
ここも実に不動産下落と不動産市況復活に関係しています。

特に個別銘柄を挙げると、オリックスやアイフルなんぞは凄い株価の動きになっていますよ〜。

もともと政府の政策によって収縮された業界がこのその他金融業ですから、不動産市況の歯止めをかけるために、政府が絞ってきたこの業界にもそろそろ明るい追い風が来るものと見ています。

というより、既にもうその兆候は、上記の株価を見ても動きがあります。また他のその他金融の銘柄にもいつ火がついてもおかしくないぞ!なんて思っています。

と言うわけで、これらの業界の銘柄を注目しつつ、日本株全体は買い方向の展開で考えています。

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。
という訳で本日はこの辺で



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント