もし5月暴落説があるならば・・・


ブログランキングへの応援をお願い致しますm(__)m


本日は午後から出かけるので前場終了後にブログ更新です。
さて、日本株相場の方は、揉み合いながらも上値を抑えられつつ下落している感じがあります。


正直、見ていてもうちょっとザックリ下がって欲しい・・・
というのが本音です。


だって買いも売りも微妙なんですもの(涙)


と言うことでいまいちパッとしない相場に細かくトレードをして利益を重ねるしかないという感じであまり旨みがないなぁ・・・なんて思っています。


さてそんな相場に対するぼやきは兎も角として、今日は前々から騒がれている5月暴落説について少し考察してみたいと思います。


この5月暴落説についてはいろんな経済アナリストや評論家が言っていたと記憶していますが、その根拠となる所はやはり2008年の決算が出揃った後という事の株価反応を意識しての事だと思います。

それ以外に何かあるか?と言えばゴールデンウィークの連休とかその程度くらいしか僕は思い浮かびません。ただ今年の連休はかなり長いという事も聞いていますし、毎年このゴールデンウィークは大体にして相場は冷え込みますので相場の下落要因の一つにはなると思いますが、でも暴落までとは行かないとは思います。


ただ良くある事ですが、相場参加者が少ない時に限って大事が起こるというのは、良くありますので5月暴落説があるかないか?と言うことはわからないですが、可能性は充分あります。


またテクニカル的なことを言えば、最近の日経平均は上昇続きで日経平均9000円をタッチしてはいるもののその後は、底堅い推移で株価の移動平均線で言えば、25日移動平均線に近い形で動いているものの、50日、75日移動平均線から見れば、いつ移動平均線に寄せた株価になってもおかしくはないです。


その移動平均線付近であれば、日経平均8000円、また過去の暴落相場の抵抗ラインはどこだったのか?と言うと・・・


日経平均7000円が強いサポートラインになっています。
5月暴落説がもしあった場合に下落の目処はこことなります。


過去の2回の下落ではこの日経平均7000円付近でかなりの年金資金の買い支えがあったような動きでこのラインでは非常に株価が底堅くなっています。


もし今回もこのラインを意識する所まで下がるならば、僕個人としては逆張りで買い拾うスタンスでもありかな?と考えてしまいますがやっぱり日経平均7000円割れとかになるとさらに一段下落が進みますので、この逆張りは慎重になりたいと思います。


と言うわけで5月暴落説があるとしたら・・・
日経平均7000円のラインは意識したいと思います。


日経平均8000円あたりは5月暴落とか関係なしに調整下落でここまで落ちることは全然あることと思いますので、この節目もトレードをする上で意識していきたいと思います。


と言うわけで5月暴落説があったら?というお話でした。

あ、ちなみに最近のトレードと言いますと・・・
細かく売りを回転させて利益を取っています^^


なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。
という訳で本日はこの辺で


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】12年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】SBI証券
【仕事】自営業 兼 会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】32歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント