元本保証の日経平均ETF債券が・・・


ブログもほったらかしだったのでランキングも地下にもぐってます(涙)


出てきそうですよ!
こりゃ本当に効果ありそうだけど・・・


政府の株価対策として目下検討中らしいのですが・・・
実際にこの株価対策に国民が納得するかは
かな〜り疑問です。


その株価対策とは?
なんと、日経平均のETFに交換できる債券を発行するものですが
この債券の損失については政府が公的資金で補填してくれるのだそうです。


つまり元本保証の日経平均ETF転換型の債券なのです。


ちなみにこの損失が出た場合に
政府の公的資金での補填がなされるという事は・・・


その補填金は税金でカバーされる事になるわけです。


もちろん、債券価格が上昇していたらそのまま利益になると言うわけで
こんな美味しい投資商品があるならば、買わなきゃソンという事になります。


そんな元本保証の日経平均のETF転換債券の
株価対策が本当に検討されているようです。


詳細はこちら


この株価対策は投資をやる人にとっては
こんな美味しい話はないと思いますが・・・


投資をしない人にとっては納得のいかない話ですよね。
だって損失は税金で補填すると言うことですから。


まぁ、それでも株価対策を全くすることなく
日経平均がこのまま下がり続けるならば


結局は自分の生活や、働いている会社などへの影響は
間接的にでもある事を考えたら同じ事なのかもしれません。


とは言え・・・
元本保証型の日経平均ETF転換債券が
本当に株価対策として登場するのであれば
かなり有効な株価対策として機能しそうです。


この商品は元本保証で株を買うのと同じ事ですから
改めて考えても凄い事ですよねぇ。


今はあまり話題になっていないですが
このネタがもっと大きく報道されるようになれば
株価も反応してくるのかもしれませんね。


株ブログの方でも書き綴っておきましたが
ここ最近は年金資金での買いが顕著に出ています。


その記事 ⇒ http://nenri96.livedoor.biz/archives/51304615.html


ただ年金資金も色んな資産への投資している中での
バランス調整で日本株を買い増している事もあり


このままず〜っと年金資金が日本株を
買い続けることは出来ません。


となると政府としての株価対策を考える必要があるわけですね。


日本株も日経平均7000円をなんとか維持していますが
6000円台もあとわずかですからねぇ^^;


ここまで落ちたらまた一段と下がってもおかしくはないですね。


今日あたりに日経平均6000台突入か?と思いきや
粘りに粘っていますね。


う〜ん、こんなに値幅が小さいとトレードでは利益取れませんね。
まさに手数料負けする相場です。


しばし様子見ですね。


と言うわけで本日はこの辺で。


なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。
という訳で本日はこの辺で


nenri96 at 13:30│Comments(1)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by トミー   2009年03月10日 21:29
5 はじめまして。
私は『先端システムトレード研究室』
を運営しておりますトミーと申します。

いつも楽しく貴サイトを拝見させていただいております。

この度は相互リンクをおねがいしたくメールさせていただきました。
まだまだ未熟なサイトですが、ぜひともよろしくお願いいたします。

以下サイト情報になります-------------

■サイト名
先端システムトレード研究室
■URL
http://www.systr-lab.com/
■リンクさせていただいたURL
http://www.systr-lab.com/link.html
■紹介文
システムトレードの戦略開発方法を解説。

ここまで-----------------------------


ぜひとも宜しくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント