寄り高の展開だが底堅さも感じる1日

最近ブログをサボり気味でブログランキングが県外ランクインしています(涙)


本日の日本株は、先週金曜日のNYダウやシカゴ日経先物の影響を受けた形で日経平均は小高くスタートしました。


が、しかし・・・
やはり先週金曜日のシカゴ日経先物の急騰が物語るように怪しげな上昇は大体仕掛けのための株価操作という事が良くあります。


その時は、ほとんどが日経平均は寄り高になる場合が多いです。日経先物を利用して、イブニングセッション、シカゴ日経先物とリレーションを行い、日経平均の株価を操作しているという構図になっているらしいです。


シカゴ日経先物なんかはマーケット自体も大きくなく、市場操作もしやすいとか・・・


と言うわけで考えようによっては、シカゴ日経平均が怪しいほどに急騰していたり、値幅がありすぎるときは日本市場の寄り付きで日経先物で売りをしかけると、ほぼ外資と同じような投資行動が出来るという訳ですね。


彼らは釣り上げて、そして寄り高を誘って、相場開始後に日経先物で売りを仕掛けると言うわけです。


まさに黄金パターンの嵌めこみという訳です。
こうやって寄り高をシカゴ日経先物などを利用して演出して、売りで利益を上げるというわけですね。


と言うわけで今日は見事、その典型的なパターンだったと言うわけです。


ただ問題はその下落したあとにどういう動きをするか?と言うと所だったと思います。結局、もみ合いながらも底堅い値動きを見せた所は日本株の底堅さを見た気もしますし、先週のNYダウの上昇とあまり変わらなかったと思えばそうともいえます。


日経平均の株価チャートをみれば、ちょうど14500円あたりから半値戻してをした後に下落している動きなっています。


この動きです。


この動きを見ると短期的にはもう少し下落も考えられます。
節目の日経平均13000円、そして前回反発した12600円ここのラインが一つ一つの抵抗ラインと見ています。


ここを一つずつ割っていけば、弱い相場が確認できますが、日経平均13000円ラインでもみ合いで底堅くなってから再び上昇に向かうならば、またじわじわと上昇していくような日経平均の展開も考えられますので、今後の弱い動きの中での動きに注目です。


短期的には今の推移からどんどん上昇していくようなタイミングではなく、むしろも見合いながら弱くなってある所辺りで底堅い動きをするような感じで考えています。


これは一つの想定できるシナリオに過ぎないのですが、まぁ、一番ありそうな展開だろうと考えています(笑)あんまり面白みがないですね・・・^^;


日本市場においては、夏休み入りしてくる人も出てきますし、まぁ、相場も一休みを意識する時期なのかもしれませんね。もうお盆も近いですね〜!


一年は早いなぁ(しみじみ)


と言うわけで本日はこの辺で。

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。
という訳で本日はこの辺で


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】12年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】SBI証券
【仕事】自営業 兼 会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】32歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント