日本株の反騰がはじまるのか?

連日のように暑いですね〜!
こんな時は寝苦しい事この上ないのですが、テレビショッピングを見ていたら「朝までクール」という面白アイテムを紹介していました(笑)



冷却ジェルパッドで朝まで快眠らしいです・・・

逆に体が冷えないかと心配ですが(汗)

さてそんな話亜はさておき・・・
日本株式市場が昨日の大幅上昇からさらに上値を伸ばしています。


昨日の上昇の動きから、そろそろ買いでエントリーをしようかなと思いましたが本日の上昇もあり少しずつ買い玉を増やしています。


昨日は、信用売りの買戻しと現物などの買いも入って大幅上昇となりました。そして今日は久しぶりに外国証券経由の寄り付き前売買注文が買い越しに転じていました。


「う〜ん、まだ怪しさはあるけれどそろそろかな?」


という感じで少しずつ買い玉を増やしています。
またコマツ日立建機といった銘柄も底堅いチャートの動きで上昇していきそうな流れになってきています。


かなり手堅い銘柄ですが、このあたりは押さえておきたい所ですね。
米キャタピラーの決算も良かったこともコマツなどの上昇に影響しているらしいですね。


また個別に銘柄を見ていけば他にもいくつも買いたい銘柄はありますね♪


とは言え、まだ日経平均などの全体の値動きはここ数日で急速に反発上昇しているものの、まだまだ不安感はあります。


どうやら原油安の動きでドル円相場もドル安に動いているし、NYダウも底堅い様子です。また日本株においても堅調な値動きになっています。


米国金融機関の決算は、アナリストの予想を大幅に下回る決算は出てこないような状況が続いていて、その結果、相場においては底堅さと反発上昇と言う展開になっています。


ただ冷静に見れば業績は良くないのは明らかなのですが、予想よりも悪くなければそれでプラスと動くのは相場の原則ではありますね。


またこの反発もある程度まで戻れば、再び踊り場になりそうな感じではありますが、今の所の売り玉の買戻しや、底堅さの中でのある程度の買いで一定の上昇は見込める展開となってきていますね。


このまま米国金融機関の決算が、あまりアナリストの予想よりも悪くないものが出るパターンが続くならばこのまま底堅く反発していく展開にが続きそうです。


逆に決算が出尽くした後にどこまで伸びるか?また逆に米金融機関の決算が出尽くした後が踊り場になるのか?上値が急に重たくなるラインを意識しつつ深い負いをしないように注意したい地合になっています。


と言うわけで日本株においても少しずつエントリーしていますが、あまりポジションも増やせないという感じです。


相場環境は底堅くなっていますが、実体経済は回復しているとは言えないので、反発している相場の動きはあれども、なんだか腑に落ちないですね。


という訳で本日はこの辺で!

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。
という訳で本日はこの辺で


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント