底堅い日本株式市場の見通し

お得な情報のCMC Markets Japanで1万円貰えます(笑)

ブログランキングは下落気味(波)


先週金曜日は、NYダウの弱い値動きを受けて日本株も弱い寄り付からスタートしましたが、下落も伸びないところをみて徐々に買いが入って行く展開となりました。


また後場においてはさらに買い増しが進んで結局、終わってみれば3円安の日経平均13622円という形で引けています。


また新興市場においても後場に上昇に転じるなど堅調に上昇した相場でした。


この日経平均の力強い押目買いみて、相場の変化を少し感じているところです。先週の木曜日に11営業日ぶりに外国証券経由の寄り付き前の注文状況が買い増しに転じましたが、金曜日には再び売りこしになっています。


ただ売り越しの流れもピークアウトしてきて、少なくなってきているという感じです。といいうのも相場全体の動きを見ても、外国人投資家の売りが枯れてきているような値動きになっているからです。


というのも好業績にも関わらず長く売られてきた銘柄が先週辺りからじわじわと上昇してきていて、個別銘柄の中には上昇トレンドを形成しつつある銘柄もちらほらと見られてきたからです。


最近では、中国やロシアの政府系ファンドが日本株への投資を検討しているという話が出てくるなど、日本株への見方が若干変わってきたような感じです。


というよりも割安でのバリュー投資なのかもしません。兎も角、日本株はだいぶ底堅くなってきた値動きなっています。


個別セクターでは、海運、機械のなどの海外新興国の成長にのって好業績になっている銘柄がトレンド転換となりつつあります。


今後もこのセクターは好業績でもあるので株価の反応は良いと思います。全体の相場が底堅くなればいち早く上昇に向かうセクターであると思います。


あとはサブプライムに関係する所の外部環境が落ち着いてくれば、日本株にもだいぶ安心感が出てきますが、こればかりは何ともいえないです。


またドル円の為替レートもだいぶ円安傾向に傾きつつあります。先日108円半ばを突破してから円安への方にさらにぶれていて、下値を切り上げつつあるチャートになっています。


テクニカル的には、着実に円安ドル高の形成となっています。何もなければこの動きは続く物と思われるのですが、サウジアラビアにてインフレが問題となっており、サウジアラビア通貨の切り上げ問題になっています。


これがおきればドルが安くなってしまうのは避けられないかと思われます。この部分もドル安の不安要素なので一方的にドル高になることはないと思われます。


と言うわけでテクニカル部分で見るとだいぶ底堅くなってきていますが、外部環境の影響でまた突発的に動く相場に変わりはないです。


前よりももみ合いを抜けてきた感じはありますね。


ト言うわけで本日はこの辺で!

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。
という訳で本日はこの辺で〜!

お得な情報のCMC Markets Japanで1万円貰えます(笑)


この記事へのコメント

1. Posted by あんどれす   2008年02月17日 21:43
5 はじめまして。

あんどれすと申します。

いつもブログ参考にさせていただいています。

今日も1つ勉強になりました。

もし時間があれば私のブログにも来てください。

応援ぽっちです。
2. Posted by しゅう   2008年02月17日 23:25
5 いまは、サブプライム周りを見ないわけにはいかないものの、その他の事も慎重に見ている様子が伝わります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】12年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】SBI証券
【仕事】自営業 兼 会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】32歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント