日経平均に一服感ありも底堅い展開か?

ブログランキングは、引き続き弱い・・・(涙)


本日の日本株は、NYダウの100ドルを越える上昇とサブプライム問題について米政府と金融当局と一体になって問題解決に当たるという動きのなかで、サブプライム問題に関する安心感の中から、日経平均も高く上昇する展開となりました。


ただ、後場からの高値より後には日経平均16100円をつけてからは、ここ数日の急速な上昇からの利益確定売りと調整が入って、結局、日経平均15956円で引けて、前日よりも82円高い所で終わっています。


この日経平均が堅調な裏で新興市場銘柄はいち早く利益確定売りが進み、各市場ともに軒並み下落する動きとなっています。


今日の相場の終わり方は利益確定売りと、週末前のポジション解消という事で後場の後半にかけて下落していった展開となっています。


サブプライム問題に関する対応策が少しずつ出てきたことで、株価はだいぶ戻ってきていますが、流石に今日は利益確定売りという形になりましたね^^;


さて来週はどうなるか?というと、今晩のNYの値動き次第という事もあるかと思いますが、日経平均16000円を節目にもみ合う展開になりそうな気がします。


テクニカル的にもRSI指数をみれば少し高い位置につけており、このレベルからさらに一段と上昇が続く展開と言うよりは、日経平均16000円の節目を意識しつつ、多少、もみ合いながら調整下落が入りそうな展開です。


その調整をこなしつつ、次の目安は日経平均は16500円あたりと見ています。


また新たにサブプライム問題の悪材料さえでなければ、素直に需給で動いてくれればと思うのですが、ここ最近の動きを見てもそう簡単には。。。と言う感じがかなりにおっています(汗)


とはいえ、サブプライムローンの問題は、だいぶ米国政府が動いてきていますが、まだまだその根本的解決にはなっていません。


また一方でロイターから出ているレポートでこんな記述もあります。。。


「来年1月中旬以降は米大手投資銀行の決算発表により、相当な焦げ付きが明らか
になりそうだ。不安感が再燃する可能性はある」(


私自身もまだまだサブプライム問題の本当の怖さはこれからだと思っていますので、ここ最近の上昇で大喜びして突っ込み買いをして、保有ポジションを持ちすぎないように注意したいと思います。


僕にはボーナスなんてものはありませんが、新たな資金を投入したら結果的にそこが高値で暴落相場・・・なんて事になったら外資機関の思う壺ですので。


という訳で、サブプライムローンの本当の問題解決が出来ない限りは、リスクを抑えてトレードをして行くべきだと思いますね^^


という訳で本日はこの辺で!

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。
という訳で本日はこの辺で〜!



この記事へのコメント

1. Posted by アトムシステム販売 担当:岩瀬   2007年12月10日 15:08
突然ですが貴サイト様のアクセス数及びランキング順位に御満足していますでしょうか?
弊社はアトムシステム販売と申します。
是非、弊社のサービスを御体験下さい。

≪アトムシステム販売 業務支援商品≫

●ランキングサイト上昇サービス

御希望のランキングサイトを自然に近い状態で、短期間に上昇させるシステムの確立が出来上がりました。


@@ おためし キャンペーン@@
「7日間」 ¥800−


まずは、おためし下さい。驚きが実感出来るはずです。


その他、ネット上の広告宣伝(掲示板書込等)・コンサルティング・HP作成(SEO対策サイトの作成等)を行っております。

 どうぞ、よろしくお願い申しあげます。

アトムシステム販売 担当:岩瀬
050−7505−5647
090−5323−0009
atomhanbai@yahoo.co.jp

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント