落ち着いた相場模様も安心できず・・・


ブログランキングは、じわーっと下落(涙)


本日の日本株は先週金曜日のNYダウの堅調な推移を受けて高く始まりましたが、先週の上昇分の利益確定売りが優勢となったのか、寄りつきの上昇高値から下落する展開になりました。


また10時を過ぎた辺りから中国上海市場の安値を受けてさらに下落の動きとなり、一段と利益確定売り濃厚の展開となりました。


後場においても弱い動きが続きましたが、じわじわと押目買いが入るところもあり、先週後半に大幅に上昇していた造船、海運、重工銘柄などは弱い動きからもジワジワ買われている動きもあり、下落も微々たる所に収まっています。


東証の大型銘柄が弱い一方で今日は新興市場銘柄が活況でした。特にマザーズ市場の大型銘柄に資金が入っていました。東証が強いと新興市場が弱く、東証が弱ければ新興市場が強くなっているような展開が最近の動きです。


資金がぐるぐる回っているのを確認するような1日でした。


さて、先週は乱高下の相場からアブダビ投資庁のシティバンクへの資本参加の動きからだいぶ相場に安心感が出て来て戻す動きになっています。また米国の再利下げ期待も重なり、堅調な値動きが続いています。


相場は若干安心感の出て来ている感じですが、サブプライムローンの問題においては、シティバンク以降に新たな資本増加の動きもないことから、まだまだ解決とは言えないという状況です。


また湾岸諸国でドルを基軸通貨とするドルペッグ制の見直しの動きもあるなど、徐々にドルからユーロへのシフトが進むのではないかという話もある。


この辺りは湾岸諸国の足並みが揃っていない様子で、一気にドル離れが進む事は考えにくいものの、依然としてドル安の圧力もあり、為替連動の強い日本株としてもその動向は見逃せないです。


最近のNYダウや日本株の戻り具合をみて、正直、全く安心感はなくどこまで戻すかな?と言う所から、いつまた急落がくるかな?というスタンスで見ています。


先週の乱高下から、今日までの堅調な相場の上昇もドル高への連動と考えれば、理解できなくはないものの、堅調の株価で今後もさらにこの展開が続くほど、サブプライムローン問題やドル安圧力の動きも考えれば、さらなる上昇を考えるのは難しいと思っています。


という訳である程度の反発が織り込まれてきた所辺りから、またも見合い相場の仕掛け的な動きが出てくるのではないかと思っています。


その為、最近の上昇を見ても、少ないポジションの保有がベターと思っています。


大きなポジションでの持ち越しは、一つのニュースで一気に相場が動くことがあるので要注意なのは未だ変わらずという感じです。


ですので、ジワジワと上昇している銘柄もあるものの、あまり期待をしていません^^;結構、僕の投資仲間たちも冷静に相場を見ていて、様子見姿勢な人が多いです。


という訳である程度反発してきた所から、また揉み合い相場になりそうな雰囲気になってきました。


一説には12月10日〜20日あたりは、何か動きがありそうだと言っている人もいますし、相場の堅調な動きを横目にかなり警戒しながら見ています。


ドル円も110円中ごろで少し落ち着いた動きになってきていますし、日本株も同様に少しも見合い、利益確定、押目買いなども混ざって微妙な値動きの相場になりそうな様子です。


あまり積極的にトレードをしにくい相場です。となるとやはり値動きの激しくボラティリティの大きい新興市場銘柄に資金が流れやすくなりそうです。


という訳で、本日はこの辺で!

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。
という訳で本日はこの辺で〜!



この記事へのコメント

1. Posted by どんぱっち   2007年12月03日 22:02
こっそりクリックだけして帰ろうと思いましたが(*≧m≦*)

せっかくなんでコメント書いてきます(≧∀≦)

応援ポチ〜ヽ(´ー`)ノ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】12年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】SBI証券
【仕事】自営業 兼 会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】32歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント