NYの暴落も2番底形成とはならずか?


ブログランキングはお休みでやっぱり下落ですね(嘆)

本日の日本株はサブプライムローンによる影響が、米国経済に影響があることが懸念されてMNYダウが280ドルを超える大幅下落のあおりを受けて、日本株も安く始まりました。


一時、日経平均400円を超える下落となったものの、NYダウの下落から考えても下げすぎとみたのか、もみ合いながらも徐々に株価を切り上げていく展開になりました。


終わってみれば日経平均前日の270円安い16010円で引けて終わりました。ただ、日経平均が引けた後に先物が上昇して16050円で終わっていますので、若干に上方に上がる勢いを残して終えました。


今日の日本株の下落を受けて、後場にかけて上昇していったものの結果として大きく下げた相場となりました。


この行方は、NYダウの値動きに左右される所ですが、今のところNYダウの株価は上昇して80ドル前後の上昇反発となっています。


この動きが順当にいけば、明日は日本株は小幅反発しそうですがやはり下落した値段以上にNYダウの戻りがなければ、値動きとしては弱いままです。


小反発があっても、下落以上に戻さなければ結局弱いトレンドになってきますので明日の値動きで上昇したとしても要注意したいです。


ここ最近の値動きで保有株を減らしていたので、今日の大幅下落のあおりをほとんど受けなかったのが幸いで、今日は安い所から買い仕込んで上昇したところで売り抜けて終了しました。


と言っても、後場の上昇の動きから見て、多少なり買いポジションのままで保有しています。


明日はNYダウの小幅の反発と共に、日本株も上昇する展開となるかと思いますが長くの保有はやっぱり避けたいと思っています。


戻りも弱い以上は、買いポジションでの保有は難しいです。狙いスタンスとしては、大きく下げた所で買いを入れたいと思います。


狙うは2番底のタイミングとなる大幅下落です。これが15300円付近まで落ちてきたらならば、ここでめいいっぱい仕込みたいです。


きっとこれが最も利益がとれて、手堅い戦略と思います^^;
ただ一節には、2番底の形成は大幅下落後の1ヶ月くらいといわれています。


ちょうど9月18日辺りらしいのですが、このころに米国FOMCでの会談があるらしく、タイミングもばっちりと言う感じです。


日銀の利上げも20日過ぎ辺りですし、やはりこの辺りは株価の再びの暴落があるかもしれませんね。


自分の場合は、この2番底となる大幅下落のタイミングを虎視眈々と待ちたいと思います。今回の下落は、今現在NYダウが戻しているところを見ると、2番底形成に向かう大幅下落に向かう力も弱く、今回の下落は2番底を形成する暴落がおこらないような展開となりそうです。


という訳で、明日の日本株の値動きをみつつ2番底となる展開を待つようなスタンスの戦略で考えたいと思います。


では、本日はこの辺で。

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント