選挙と日本株の値動きはどうなるか?

ブログランキングは下落傾向〜(涙)

こんばんは!連休初日の土曜日はあいにくの雨ですね〜^^;
明日、隅田川で屋形船でちょっとした飲み会をやろうと思っているのに、ずばり台風がど真ん中ですね(涙)


さてそんな話はさておき・・・
先週金曜日の相場をまず振り返ります。


相場の印象は、振り返ればNYダウの影響次第の相場かよ!
そんな一言で言い切れてしまえなくはない。


が、しかしです。
中身をじっくりと見れば、上昇している銘柄とそうでない銘柄にくっきりしっかりと分けられるような気がします。


これは自分の相場観だけかもしれませんが、はっきりとそう感じています。つまり、金曜日の相場の大幅反発の中で上昇して戻している株と言うのは、独自技術や好業績銘柄に限られての上昇という印象がとても強いです。


と言っても自分のポートフォリオを見ても、そうでない銘柄も当然株価を上げているけれども、金曜日の相場の印象としては、基本右肩上がりの強い銘柄はさらに強く上昇している。


一方で調整下落していた中での銘柄でも反発上昇している銘柄もなくはないけれども、反発力も弱く、日経平均250円上昇という印象ほどの戻しは感じられないです。


それも、特に日経平均の日経225銘柄を中心に上昇という動きです。新興市場銘柄においては全く持って弱いばかりです・・・


投資家心理がかなり落ちているのしょうか?
と言うよりも、新興市場はここ最近、下落が続いてチャートがダブルボトムだったラインを吹っ切れて下に下落してきたので、ここの銘柄を持っていた投資家はかなり投資余力をそがれているという印象です。


自分が持っていたあるマザーズ銘柄も、下げが止まらず損切りしました。で、思ったことは・・・


「あぁ、新興市場はやっぱ駄目だ。」


と思って投げた節があります。
と言ってもこれは新興市場全体の雰囲気と言うか、殆どの銘柄の印象という事ですが。


僕が保有している新興市場銘柄でもしぶとく上昇してここ最近の下落も底堅いのもありますので、元気なものは元気です。


と言っても、全体の新興市場推移が落ちればどうしても引っ張られるのでかなり今の状況は心配です。


金曜日の相場で、新興市場の反発が弱かったのは新興市場銘柄に投資していた投資家の余力がないと言うところと、ぼくのように新興市場を投げて、日経平均銘柄に資金をシフトさせた投資家も多かったと思いますので、そんな株価の動きになったのだと思います。


これが新興市場の弱い反発の状況だと思います。来週以降はどうなるかわかりませんが、今の状況を見る限り、あまり良い状況と言う感じはないですね。


やはりもみ合っている日本株も、強い市場に資金が集まるのは当然のことで、新興市場全体が上昇トレンドから割れたチャートになってきている今、やはり日経平均に資金を移しての戦いとするのが賢明かと思います。


そして日経平均の中でも、独自技術、独自要素のある好業績銘柄です。チャートは右肩上がりで、そのテーマにあるのは、グローバルな流れに乗っている企業がやはり強いという印象がもっぱらあります。


世界的需要と、世界的ブームに乗っている企業が強い、右肩上がり。そんな印象を改めて感じたのが先週の金曜日の相場でした。


逆を取れば、日本国内市場のみで戦っている企業はやはり厳しいかなと言う印象です。もちろん、オンリーワンの企業もあるから、必ずしもそうとは言えません、ただ業種ごとの伸びているセクターを見れば、その勝ち負けは明らかと言う感じです。


昨日の金曜日の相場の反発をみて、はてと思い直して改めてそう思いました。


右肩上がりに伸び続けている企業に共通している背景は何か?これを考えて投資をしていくと、日本株の国内企業に投資しても、海外市場に投資しているのと同じような状況になってきますね。


結局、海外市場の拡大がその企業の業績を伸ばしているのならば、その日本企業に投資する事は巡り巡って、海外市場に投資しているのと同じですから・・・


という訳で、冒頭のタイトルの選挙と日本株の値動きはどうなるか?という話をしようと思っていましたが、かなり違う路線になりました^^;


というよりも、選挙って日本株の動向にあまり関係ないんじゃないか?と思い始めてきました。というのも自民党が勝っても、民主党が勝っても今の日本株の動向を見る限りでは


海外市場動向、つまりNYダウの値動き次第のような気がするので特に投資スタンスに変わりはなさそうと言うのが今の自分の考えです。


ただ、やはり選挙結果で株価がどう動くかわからないので、この前後はポジションを外したいと思っています。企業業績発表と一緒で、吉と出るか?凶と出るか?全くわからないのでこういう時はポジションをはずしておくのが賢明かと思っています。


となると・・・
やはり、選挙直前の相場は株価は弱くなるのが必然でしょうね・・・(汗)
だって、選挙結果でどっちにぶれるかわからないのであまり保有していたくないと言うのが、普通投資家の心理じゃないでしょうか?


外国人投資家が結果をどう受け止めるか?これは僕にはわからないですが、今の日本経済を見て、自民が勝とうが、民主が勝とうが、あまり状況は変わらず改革路線は変わらないかと思います。


いち投資家としては、どっちが勝ってもあまり関係ない。という所ですけどね。僕の場合は自分の年金は自分で作る思考なので全く関係ないですから。


と言うより年金をしっかり払って、払ってもらえるかわからない日本の将来にお金を預けるよりも、自分で安定運用の投資を選んで年利10%で複利投資した方が間違いなくパフォーマンスがいいはずなので、そのようにすると言うだけなのですが・・・


という訳で随分と話が長くなりましたが、本日はこの辺で〜!
連休3日分書いたかな♪


なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 足立区のrandomwalker   2007年07月15日 05:12
はじめまして、デイトレもブログも初心者の足立区のrandomwalkerといいます。
弱小投資家です。
自分は「富裕層になりたい」というデイトレの日記を書いています。
これから、ちょくちょく顔を出させていただきます。よろしくお願いいたします。
2. Posted by のら   2007年07月15日 08:16
去年の12月から株をはじめましたが
現在までマイナス26万円です、ワコムの激下げにやられました、住友金属鉱山も激上げしたのに、その前に怖きなって損切したし、もう自分は株の才能がないような気がして、4月から売買やめています。この程度の損でやめてしまうのはもったいないですかね?
3. Posted by 軽トラ ラリー   2007年07月15日 10:32
うっそ〜 隅田川・・・屋形船〜

タイの高級コテージが良かったかも
お久し振りです 今日は凄い長編ブログで読み応え有りました

東証1部も利確を始めました
新興市場・・・これじゃ〜個人が可哀想 LC遅れたら・・・

   又 寄るからね

4. Posted by いで   2007年07月16日 11:16
>randomwalkerさn

足立区は自分もルーツがあります^^デイトレ日記ですね!了解しました。こちらこそ、宜しくお願いいたします。

>のらさん

そうでしたか〜^^;ただ、株をやめても違う方法で投資をすればいいと思いますよ。あまり相場の乱高下を気にしないでやれる投資手法のスタンスをとればよいと思います。

>軽トラさん

いや〜、昨日は台風ぶっとばしで隅田川、東京湾で屋形船で満喫しました。

いやはや、昨日船で出ているのは僕らだけだったらしく、東京湾貸切状態でした。

普段は屋形船銀座って言って、100隻近く出ているみたいですが^^
粘り勝ちですね。

軽トラさんは、早くも利確ですか〜。
早いっす!

新興は厳しい動きになっています・・・うーん。
5. Posted by 足立区のrandomwalker   2007年07月17日 01:58
いでさん
足立区にルーツがあるんですか?
うれしいなぁ^^

今後ともよろしくお願いします
6. Posted by いで   2007年07月17日 21:28
>ワイマックスさん

年利26%のレストランファンドですか・・・うーん、そんなのありえるんでしょうか??

かなり怪しげです^^;
詳しい話を別途お聞かせください。

>randomwalkerさん

足立は自分の親族が結構住んでいるんですよ〜。あとは東武線ってこともあっていつも足立辺りは通っています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント