上値の重い日本株でも6連騰ですが・・・

ブログランキングも上値重いです(涙)


揉み合いが続く日本株も、やっと突き抜けてきたか?と思うような株価の展開になりました。


前半戦で先物を主導として前日よりも120円も日経平均が高くなることもあったものの、結局、後半にかけてずるずると下げて終ってみれば日経平均は52円高となり、日経平均18221円で終っています。


うーん、日経平均18300円まであとわずか・・・と言う感じでしたがまたまたここを突破できない展開に終わりました。そして明日は週末前の金曜日の相場です。


またまた買いづらい状況です。タダでさえ材料不足というか、膠着間の強い相場なのに明日は週末の相場です。しかも、何だかんだでなんと6連騰している日経平均だそうです。


いやはや、全くその気配が自分のパフォーマンスに出ていないのが恐いです^^;むしろ個別の新興市場銘柄で吹上したものはありますが・・・


いずれにせよ、またさらに動きにくい相場です。
新しく買い進む材料もなければ、売る理由も特にないというのもあります。なので身動き取れない状況と言う感じです。


新興市場銘柄においても微妙に弱い株が多く、昨日まで強かった個別銘柄もさすがに今日は調整下落という流れになっています。


いや〜、かなり微妙な相場です。


さてさて今後の展開はどうなるんでしょうか??
6連騰からの7連騰はさすがにないという事で、一旦お休み相場となるか?週末を意識して弱い相場となるか??


どうでしょうか?預言者じゃないからわかりませんです(汗)
ただ個人的な見方としては、週末と言えどもそれほど弱い展開になる理由もなく、仮に7連騰となった所でまた弱い上昇になるんじゃないかなと思っています。



週末を意識して、ウリが広がると言う展開は、ないだろうけれど、上昇していく理由にも乏しいと思っています。


あくまでもじり動きの相場となりそうだなと思っています。


これが全体の動きの展望です。
あとは個別銘柄ですが、日経平均において各業種のセクターが幅広く微増している株価となっているのに対して、海運業だけは飛びぬけて上昇しています。


これはもちろん、海運業自体が業績好調という事が背景になるのですが、中には明らかに仕手株的に動きをしているものもあります。


そんな海運業の勢いを受けて、最近めっきりと元気がない造船業にそろそろ動きがあっても良いかななんて思っていたりします。かなりチャート的には面白いのですが、弱いです。重いです。


テクニカル的にはチャート推移で安い所にきている銘柄も多くて、また資金がこのセクターに戻ってくれば全体的に強い上昇が見られそうな気もシテイマス。


日経平均もいまひとつ上昇力がないと感じるのも、やはり鉄鋼、重工、造船などの主力系が強くならないとどうしても膠着状態と言う感じですね。


そしてまた銀行株もめっぽう弱いです。


このセクターはやはり利上げ実行がしっかりと噂されるようになってくると株価を上げる場合があるのでその時までのタイミング待ちと言う形になっています。しかしそれにしても、弱い動きです。


買い拾うには良いチャンスか!?と言うところではそろそろ面白い所ではありますが、なかなか反発が見えないと難しいです。動き出すと一気にいってしまいそうな水準になってきてはいます。


いずれにせよ、何かきっかけがないと反発もなさそうですが・・・


という訳で明日の株式相場は週末前の金曜日、上昇となると7連騰になってくるという事もあって上値の重い材料だ揃っています。


あとは、今晩の休み明けのNYダウの動きを見てという感じです。
最近はNYダウが好調でもあまり影響がない日本株となっているので、どうだろうなぁ。。。


と言う感じです。


では、本日はこの辺で。

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント