NYダウは堅調だけど日経平均が弱いのはなぜ?

ブログランキングはファイト一発!?


NYダウが連騰しているのに日本株はどうしてこんなにも燻り続けているのか?この弱さの背景には、やはり今の政経一致した日本の弱さがあるんじゃないかと素直に思って居たりもします。


日本市場の相場を見るに付けて、首をかしげる事が多いことは事実なのですが、やはり政治も不安定な情勢となっているし、経済も決して強いとはいい難い。


なにせ世界の先進国の中でもっとも金利の低い超低金利国家であると言う所からしても、まぁ現在の日本経済を映しているところでもある改めて思う所です。


まぁ、そのおかげで株式投資ならぬ外貨投資のFXによるスワップの恩恵が得られるというものなんですけどね・・・。


さてそんな事をぼんやり考えてみました。
日本株がさっぱり弱いし、出来高も少ないという状況となっています。


じりじりと底堅い感じはあるものの、上値も重すぎるというような動きです。日経平均は微増の展開となっているし、日経先物においては逆に20円安くなっています(汗)


うーむ、本当に微妙です。
何ともいえない展開であります。


新興市場銘柄においては、局地的に上昇している銘柄がある事は確かなんですが、全体としては弱い展開になっています。


こんなはっきりとしない日本市場は遅れながらに梅雨入り相場のような感じですね^^;ここ最近、じめじめしているので相場も弱い展開か・・・と言う感じです。


ただそれでも、明日はかなり暑くなるらしいので、日本株においてもいつも以上に期待したい所です。


気になるのは、シカゴ日記先物との乖離が100円近くあるという事です。シカゴ日経先物は日経平均が近い値をつけることが多いので、このシカゴ日経平均の株価が18250円をつけているので、いつかはこの日経平均との乖離は狭まってくると見ています。


もちろん、日経平均が上昇して乖離が狭まってくると見ていますが、どうでしょうねぇ。


明日はMY相場が休みなので、シカゴ日経平均の終値は変わりませんが、毎日早朝にその数値を確認して日経平均との乖離はどの程度か見ておくのも良さそうです。


シカゴ日経先物の推移はこちら


こんな感じが全体の相場観です。
あとは個別銘柄についてですが、鉄鋼関連株、重電関連、造船株、銀行株などの大型銘柄がめっきり最近おとなしいです。


というより、弱いです!


ココ辺りがやはり強く買われてこない限りは、やはり日経平均18300円の壁は突破できないような気がします。


逆に言えば、ここらのセクターでちゃんとテクニカル分析をしつつ、安値にあるものを買い拾っておけば良い反発が狙えそうな感じですが、うーむ。微妙な所です。


上昇トレンド継続中の基本右肩上がりにある銘柄で今安い所をコツコツ拾っていける投資家がやはり勝ち組に入ってくるんじゃないかなと、しみじみ思っています。


そんな訳で地味に安値の銘柄を狙ってます^^


という訳で本日はこの辺で!


なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント