世界同時株安前の水準でどう動くか?

ブログランキングはじわ〜っと推移


本日の日本株は金曜日のNYダウも堅調に上昇していることから、安心感もあり、世界的な金利上昇の織込み済み感もあり?


終ってみれば、世界同時株安の日経平均18300円に向かって上昇してくる展開となった本日の株式相場となりました。


新興市場銘柄においても、幅広く堅調に買われていると言う動きになっています。ただ〜し、一部の値動きの早い銘柄においては高く上昇し、次第に下落に向かう展開となっています。


例のサイバーエージェント辺りは、恐ろしく値動きが激しい感じになっています(汗)


さてそんな相場全体の推移はコンナ感じです。


日経平均 18,149.52 +178.03 (+0.99%)
日経平均先物 18,200.00 +180.00 (+1.00%)
TOPIX 1,788.39 +15.45 (+0.87%)
JASDAQ平均 2,090.88 +15.64 (+0.75%)
JASDAQ指数 83.21 +0.75 (+0.91%)
マザーズ指数 947.24 +7.95 (+0.85%)
ヘラクレス指数 1,525.29 +16.92 (+1.12%)


全体的に幅ひろーく上昇しています。
この上昇がさらに続くかどうか?気になるのはそこですよね。


しかしながら、日経平均株価のチャートを良く見てみると、調整下落してからの連騰で3つの窓が開いた状態となっています。


坂田五法で言う所の3空上げという感じです。この上昇を見れば過去の推移から見ても少し調整があっても良いチャート形勢となっています。


個人的にも日経平均株価18300円の壁を試す前に、多少なりとも揉み合いもあるかなと思っています。


個別銘柄を見ても、テクニカル的に高い水準の物もありますし、ここは無理に突っ込み買いをせずにむしろポジションを減らすタイミングかなと思っています。


今日の相場の中で少し前から上昇していた銘柄においても、上昇から下落に切り替えしている銘柄もいくつもあったというのも、調整しそうだという自分の見込みの材料にもなっています。


新興市場銘柄においても、ここの所急速に上昇してきている株もありますし、ここらで一つ休息してもいい頃かな〜?と思っています。


という事で自分においては、本日ポジションをだいぶ減らしています^^;明日の値動きによってはさらに減らす予定です。


為替も少し円安に傾きすぎているきもしますし、上昇している銘柄も短期トレードにおいてですが、そろそろ利益確定してもいい頃かなと思う人も結構居るんじゃないかなと思っています。


という訳で、月曜日の相場展望からあれですが、少し調整しそうな展望で見ています。


今日、とあるテレビ番組でクレディスイス証券のアナリストが今週は日経平均18500円も見えてくる展開もありか?なんて事を言っていましたが・・・


いやぁ〜、日本株をコントロールしている証券会社がそんな事を言っているさまをみて、ますますそれはないない!!と確信しました。


と言うより、なんて無意味なアナリスト発言とむしろ怒りを覚えました^^;毎度の事ですが、外資証券のアナリストにはむかっ腹が立ちます。


正直全て流している情報にあからさまに意図的な様子を匂わせるので、全く持って逆に取るようにしています。


さてそんなクレディスイス証券の日経先物の売買動向ですが・・・強く買い込んでいます。


クレディスイス証券の買い一点張り日経225


これをどう考えるか?は、個人投資家の見方によって全く違うと思いますが、自分においては今日の売買手口を見ても、日経平均は18300円がやはり節目となって上値が重くなるかなと思っています。


ここから買いを入れるには、多少調整してもらわないと・・・と言うのが僕の気持ちですね。


という訳で本日はこの辺で!

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント