NYダウが下落したら日本株はどうなるだろうか?

ブログランキングは徐々に落ち着いてきたような(汗)


日本株が燻っていますね^^;
特に日経平均株価がもみもみ揉み合っています。


でもその裏側の新興市場では、悲惨な下落が続いています・・・
これは一体どうしたもんだろうか。と思うくらいです(涙)


特に酷いのが、IPOのセカンダリー銘柄です。
強気業績の予想が、手堅い実態というのがわかって連日のストップ安。。。
というヒドイ状況が続いています。


日経平均株価においても、もみ合った感じの弱い上昇になっていますが、中身をみればとてもじゃないけど利益を出せるような状況ではないという感じです。正確に言うと方向感が全く見えないといった所です。


相変わらず株価の値動きは先物主導で揺さぶられている感じは否めず、連日のように外資の動向で株価が動いているような気がします。つまり、今は外国人投資家の手のひらに乗っている状態というのをひしひし感じます。


と言うのも、流石にこんな新興市場の様子じゃ個人投資家の資金もずいぶんと溶かしているだろうし、相当なまでに株式市場に対するモチベーションが下がっているんじゃないかと思います。


そういう僕も、ここ2、3日でずいぶんと凹みました。
久しぶりに凹んでおります。


それでもまた株式相場の行方はまだわからないというのが、今の感想です。というのも、日経平均は17500円台・・・


そしてなおNYダウの高騰は続く・・・
そろそろ危ない、きっと調整する。という気持ちがどこかにあるから、NYが崩れたら日本株はどうなるの?って思うと恐ろしくて突っ込んでとてもじゃないけど買えない。


方向感が見えるまで、今の損を切ってでもポジションを減らして動きを見極めたい所というのが今の素直な気持ちです。


この動くきっかけになりそうだというのが、明日17日のGDP指数発表なんだけどここ最近の経済指標の弱さを見てははっきり言ってあまり期待していないというのが正直な所です。


と言うよりもココ最近の企業業績発表待ちのその後の株の動向は、なんだか開けてびっくり玉手箱で、大幅下落で急落・・・ありえないっす!


というパターンが多いので、このGDP待ちの根拠のない期待はしないつもりです。と言うよりも発表後の流れがしっかりと見えて、安心してトレードできるような状況でない限りはとてもじゃないけど無理と言う感じがしています。


今、NYダウ指数を見ても、あまり強いわけでのなく寄り付からの下落相場になっています。ただ現時点で前日比よりも高いのでどうかなと言う所です。


恐ろしいのは、このNYダウが崩れたときに日本株が増大したパワーを持ってして下落しかねないという事です。というより今までそうだった・・・


だからとてもじゃないが、今の相場の動きでは買い進めないと言う所です。


本日、日立製作所が業績回復基調の発表をしたことで、日立、東芝、三菱重工などの関連銘柄はのきなみ連想買いで一気に株価を飛ばして上昇させましたが全体の動きを変える力もなくと言う感じです。


自分としては、GDP発表が出た後でかつ、日経平均17000円前半くらいにならないとまだまだなんともいえないと言う感じです。


という訳でこんな相場観ですみません^^;
では、本日はこの辺で。

なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント