新興市場に復活の展望は?


ブログランキングは苦戦中です(大汗)


こんばんは〜!
本日もお疲れ様でしたm(__)m


今日の相場展開といえば、さすがに昨日に日経平均一人上昇の展開から利益確定の色が濃厚となった様子でした。


という訳で昨日と打って変わって、今日は日経平均が弱く新興市場銘柄が強い展開に!が、しかしながら、新興市場が強いと言っても微妙に上昇した展開となりました。


まずは全体の推移を確認!


日経平均 17,664.69 -79.07 (-0.45%)
日経平均先物 17,690.00 -70.00 (-0.39%)
TOPIX 1,735.69 -2.41 (-0.14%)
JASDAQ平均 2,102.71 +4.57 (+0.22%)
JASDAQ指数 83.49 +0.11 (+0.13%)
マザーズ指数 1,028.17 +6.95 (+0.68%)
ヘラクレス指数 1,671.93 +5.47 (+0.33%)


う〜む、新興市場は強いと言えるほどではないですが、昨日とは逆の展開です^^;


さて、この新興市場銘柄の上昇についてですが、にわかに新興市場の銘柄も買われてきている動きを感じます。


その目安になったのは?
昨日大幅下落を演じた楽天ですが、今日は小さいながらも反発して終っています。その他銘柄も、底堅い展開に・・・


「今までの下げからみて、もっと反発しろ〜!」


って感じもしますが、いかんせん新興市場の大型銘柄は買手が不在のような様子で、反発しても威力が弱い・・・(涙)


ただ、日経平均の主力銘柄に勢いがなくなってきている中で、新興市場銘柄が上昇してきているので、じわじわと資金がシフトしてきているような気がします。


うむ、やはり・・・



「 万物は流転する 」



でしょうか?下げすぎた新興市場銘柄にも資金が戻ってくる事も必ずやあります。その動きがじわっときている気もしないでもないです。今後、さらに注目ですね。


やはりここは業績の上方修正や増配などのインパクトが必要でしょうし、本日の発表でまさに良いタイミングでニュースを出している新興市場のある銘柄もあります。


この辺りが、また明日素直に反応して上昇していくなら、主力新興市場銘柄にも息を吹き返す流れがきそうです。


今現在の新興市場銘柄で元気なのは、IPOのセカンダリー銘柄ばかりです(汗)まんず、データリンクス、コムチュア、USJなどなど普通に考えたらおっソロしい上昇の仕方をしていますが、小口銘柄だけに個人投資家には動きやすい銘柄だけに人気化しているという事もあるのでしょうね。


小口銘柄だからこそ、大口の介入も少なく上手く上昇利益をとれると言う所でしょうかね?それにしても、もの凄い上昇です^^;


IPOの新規公開株は、今はセカンダリーの上場後の値幅利益を狙うのがちょっとしたブームになっていますね(汗)


う〜む、この状況もいつまで続くかわかりませんが、かなり過熱感を感じます。スィングトレーダーにはとても突っ込める戦場ではないことは間違いないです(きっぱり)


戦うフィールドが違いすぎます(冷汗)


さてそんな話はさておき・・・
日経平均の主力の動きはどうなっていくのか?と言うところでは、SQも近いですし、何かと弱い動きにならざる得ないと言う所でしょう。


為替も119円前後でさらに上に抜けるというのは、考えにくいですし、新しい材料がないと今のラインを抵抗線として下振れしてもおかしくは無い状況です。


あとは、来週あたりからGWが意識されてくる為に、あまり保有したくない展開でもあります。欲張らず、3歩進んで2歩下がって、利益が出ていたらノーポジションで様子見をしておきたいタイミングになってきそうです。


という訳で、本日はこの辺で〜!


なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】12年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】SBI証券
【仕事】自営業 兼 会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】32歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント