日経平均は大幅上昇〜!新興市場は渋い

ブログランキングがじわり下がってますがなぜか落ち着きます^^;


こんばんは〜!
本日もお疲れ様でした。


本日の相場は、昨日の反発の次の日という事もあって底堅い展開を予測していましたが、昨日のNYダウの強い上昇もサポートして、力強い寄りつきとなりました。


その後、為替も円安にぶれて1ドル118円後半になると、株式相場も連動してさらに揚げ足を強くする展開に・・・


とっても強い相場となりました。
が、しか〜しながら新興市場も上昇したもののまだ渋い戻りと言わざる得ないような感じとなりました。


全体の相場はこんな感じです。


日経平均 17,544.09 +300.04 (+1.74%)
日経平均先物 17,580.00 +310.00 (+1.80%)
TOPIX 1,730.52 +26.20 (+1.54%)
JASDAQ平均 2,105.86 +1.94 (+0.09%)
JASDAQ指数 84.41 +0.16 (+0.19%)
マザーズ指数 1,039.73 +24.88 (+2.45%)
ヘラクレス指数 1,689.36 +22.32 (+1.34%)


マザーズとヘラクレスは強い数字となっていますが、ジャスダックがいまいちですね^^;
日経平均は総じて上昇と言う感じです。


今日はいつも相場を引っ張っていた原子力関連、企業再編、重厚関連銘柄などは比較的大人しく目立った上昇はありませんでしたが、堅調に推移したと言った感じでした。


と言うよりも今日は東証銘柄に薄く広く買われていた感じで、全体として上昇した感じでした。


この流れから、少し個別業績の良い銘柄に資金が集まっていた事も、重厚関連などの銘柄がいつもより大人しかった理由とも言えそうです。


先日、発表のあった日銀短観の中でも、製造業の数値が落ち込む一方で、小売については上昇してきている数値なっていました。


この発表から、消費回復と見られて利上げも早まるという話も出ていましたが、今の所は、特に利上げについては意識されていないと言った所でしょう。


この小売関連の銘柄で今日の相場で元気が良かったと言えば、ユニクロで有名なファーストリテイリングでしたね。


暖冬の影響で売上減少で株価を強く下げていましたが、昨日の月次売上発表の報道を受けて、暖冬影響からの復活が確認されて、本日の株価は大幅上昇となりました。


このファーストリテイリングの上昇インパクトが内需関連株などに資金が戻る火付けになれば、個別業績銘柄にも資金がもっと流れてきそうな感じなのですが・・・


そうすれば、新興企業の好業績銘柄ももう少し力強さが出来るはずと思っているのですがどうでしょうねぇ^^;


ファーストリテイリングの値動きも始めとして、今後の個別業績銘柄の動きを注目したい所です。


さて、明日以降の相場全体の動きについてですが、昨日の反発から今日は連騰となりました。正直、上昇しすぎと言う感じもありますが、昨日の底が確認できた位置からの上昇になっていますので、明日以降も底堅い上昇展開と見ています。


比較的安心していられる展開かと思っています。
今日も海外市場が安定的ですし、NYダウも堅調ならばなおさら良いですね!


という訳で、本日はこの辺で。


なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックで
ランキングが上がりまする。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by モギ   2007年04月04日 19:25
はじめまして。

「会社員の株式投資日記」を書いてるモギと申します。
http://blog.livedoor.jp/p-4465407/

突然で申し訳ないのですが、
相互リンクをお願いできませんでしょうか。
当ブログからは、すでにリンクさせていただいています。

お忙しいところ恐れ入りますが、
よろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント