オプション・先物SQ算出日を前に・・・

ランキングも下落反発か??


こんばんは〜!
更新が遅くなりました^^;


さて、本日の株式相場は高く寄り付いたかな?と思ったらじわじわ下げて、結局は安く終りました。晩のNYダウが高かっただけに、う〜んなぜ?と思うような相場でした。


全体の相場はこんな感じでした。


日経平均 16,764.62 -79.88 (-0.47%)
日経平均先物 16,760.00 -60.00 (-0.36%)
TOPIX 1,689.60 -2.94 (-0.17%)
JASDAQ平均 2,136.83 +2.65 (+0.12%)
JASDAQ指数 85.44 +0.06 (+0.07%)
マザーズ指数 1,036.58 -12.70 (-1.21%)
ヘラクレス指数 1,710.39 -10.81 (-0.63%)


う〜ん、どうしょう。
全体を見れば、まんべんなく利益確定売りと言う感じですかね。ただ、新興市場をみれば前日の上昇の割には下落していないなと言う感じです。


せっかく損を取り戻したのに売るかよ!
って感じですかね^^;


まぁ、兎にも角にも今日の高い寄り付きからの、下落の流れはちょっと不安がまた湧き上がる感じでしたね^^;


も、もしかしたら・・・
また再び株安の流れは止まらない?
そんな頭がよぎる人も多かったと思います。


が、しかしおりしも3月9日のSQ前という事で売り物も多い中で積極的に買い薦められない状況の中で、先日の急落からの反発上昇で利益をとった人の一旦の利益確定売りが出たような流れでした^^;


よ〜く考えればそういう流れですね・・・


今までの過去の経緯から考えれば、SQ前の1日、2日が最も動く相場なのです。そういう意味でいえば、控えめな株価の変動率かなと思っています。


と言っても明日もありますゆえ、何ともいえませんが^^;
まだまだ予断を許さない状況ですね。


やはり、最近ず〜っと注目している海外市場動向が安定的になる分にはなってほしいものです。


こちらですよ ⇒ 海外の株価は?



と言うのも今回の株安は、日本特有の事情よりも外部要因で大幅に下落している流れだったので、今回の大幅下落の中でかなりSQ前のオプション、先物も処分が出たのではないか?と推測する所です。


なのであまり株価が動いていないのかな?
と思っています。


だってあんな下落したら、やはり資金をショートしてしまう人や相場退場する人も出たでしょうから、その中でSQ前のポジションを外さざる得ない人も居たはずです。


株ブログにしても、ちょっとブログをぐるぐる巡ればブログを辞める人も結構いましたです^^;


これと同じような事が去年の11月の日経平均が15700円まで下がった時にありましたです。


それと近い状況で考えるとすれば、そろそろ反発してもいいかなという雰囲気は少し前に比べると出てきました。


なにせ為替が安定的であるのが、底堅い株価になってきている根拠です。今回の下落は円高に歯止めがかからず急騰している中で株価も大幅下落しているので、今の流れだと為替が円安に再び戻しつつあり、安定化しているので株価も安定的になりそうな感じです。


と考えるとするならば、SQ前でも多少の調整しかなく、少し下落しても底堅い展開かなと思っています。


今日の下落を見て、再び大幅に株価が下がり始める?
な〜んて心配はないかと思っています。


という訳で、書きながら考えがまとまってきましたが、明日もSQ前で強くない相場展開になりそうですが、SQ当日以降はより安定的な相場になってきそうな感じで、かなり安心感が出てきそうな展開であります。


という訳で今週一杯は、今回の大幅下落の底固めの一週間になりそうです〜!


では、本日はこの辺で!


なるほど、参考になりました!と言う方は一つクリックでランキングが上がりまする。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント