ROEとは?株主資本利益率?

ランキングは少しずつ上昇〜!


ROEというのは、「Return On Equity」の略で、株主利益率と言われています。


つまり、株主から投資してもらった資金をどのくらい効率的に使って利益を生み出しているかを示す指標です。株主資本(自己資本)が純利益の何%に当たるかを計算した物がROEとなります。


このROEは数ある投資指標の中で外国人投資家が重視している指標と言っても過言ではありません!


さてそんなROEの計算式は・・・


■ ROEの計算式

          当期純利益
ROE(%)= _________ × 100

         株主資本(自己資本)



さて、このROEですが例と見てみましょう。


株主資本が100億円の会社が5億円の純利益を上げたとします。計算式に当てはめてROEを計算すると・・・


5億円 ÷ 100 × 100 = 5%


となります。


これは株主から預かった資本を、一年間で5%増やした事を意味します。つまり、このROEが高ければ高いほど、資本を効率的に回しているみられるのです。


だからこそ、外国人投資家が重視する指標というのも何だか納得です^^


こんなROEの指標は、日本企業だとROE10%程度で高い水準と言えますが、実は海外企業では、20〜30%の高ROE企業が実はたくさんあるのですね〜汗


ただ、ROEが高ければいいというわけでもなくて、一時的に土地を売却したりすると純利益が増えたりすることもあるので、このROEを比較する時は過去数年分のROE推移をさかのぼって確認するのが良いでしょう。


また公募増資などで株主資本が増えるとROEが下がる事になりますので、ROEの上下の理由はしっかりと見極める必要があります。


また負債額が多くて、株主資本が極端に少ない場合もROEが高くなることもあります。


ですので、このあたりのトリックなどROEを見るのも要注意が必要です。


やはり一つの指標だけに頼る事はリスクが高いと言うのが印象ですね(汗)


という訳でそんな投資指標ROEのお話でした。


なるほど、ROEですか、勉強になりました!と言う方は一つクリックでランキングが上がりまする。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント