米国預託証券とは?ADRとは?

ランキングは少しずつ上昇〜!


米国預託証券を簡単に言ってしまうと、米国内の投資家が国際的な株式投資を簡単に行えるようにするために、米国以外の発行体の企業の株式を米ドル建てで売買でき、配当金も米ドルで受け取れるようにしたものです。


例えば、日本企業ならば、米国市場に上場しているソニーなどの売買を活発化させる為に、ドル建てなどで売買できるようにしているような状態の事を言います。


日本企業も米国市場から資金調達もしたいですし、やはり国際企業として信用を確立するためにも米国市場に米国預託証券の形で上場することは意味があるわけです。


英語表記では( American Depositary Receipt)となり、別名でADRとも呼ばれています。


この米国預託証券の裏を返せば、外国人投資家の目に触れやすく、外国人投資家の資金が入りやすい株ともいえる。


最近は、もっぱら外国人投資家の売買動向が株価の上昇に影響しているので、この米国預託証券を発行している企業を中心に外国人投資家が目を付けそうな銘柄を見ていくと良さそうです。


この米国預託証券は、日本企業で153社発行している。その内の29社が日本企業ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している。


以下の市場に日本企業の米国預託証券が発行されている。


[編集] ニューヨーク証券取引所
アドバンテスト(ATE)
キヤノン(CAJ)
NTTドコモ(DCM)
日立製作所(HIT)
本田技研工業(HMC)
オリックス(IX)
コナミ(KNM)
クボタ(KUB)
京セラ(KYO)
松下電器産業(MC)
みずほフィナンシャルグループ(MFG)
三菱UFJフィナンシャルグループ(MTU)
NISグループ(旧ニッシン)(NIS)
日本電産(NJ)
野村ホールディングス(NMR)
日本電信電話(NTT)
ソニー(SNE)
TDK(TDK)
トヨタ自動車(TM)

[編集] 上場を廃止した企業
パイオニア(PIO) - 売買高が少なく、株式事務を合理化するため
三菱東京フィナンシャル・グループ(MTF) - 三菱UFJフィナンシャル・グループとして即日再上場

[編集] NASDAQ
ダイエー(DAIEY)
富士フイルムホールディングス(FUJIY)
インターネットイニシアティブ(IIJI)
麒麟麦酒(KNBWY)
三井物産(MITSY)
マキタ(MKTAY)
ミレアホールディングス(MLEA)
NEC(NIPNY)
日産自動車(NSANY)
三洋電機(SANYY)
トレンドマイクロ(TMIC)
ワコール(WACLY)

[編集] 上場を廃止した企業
CSK(CSKKY) - 売買高が少なく、株式事務を合理化するため


これら米国預託証券を発行している企業の株価をチェックするのに、とても便利な株式サイトがあるのでそちらもご紹介しておきます。


コチラ ⇒ 日本株米国預託証券一覧


例えば、米国市場に上場しているソニー株が上昇していれば、日本株も同じように上昇する可能性は高いわけで、連動性は高いです。


また海外投資家から目に付きやすい企業とも言えるので、この米国預託証券の上場企業は、外国人投資家の資金が入りやすい企業として注目しておくと良いでしょう。


なるほど、米国預託証券ですか、勉強になりました!と言う方は一つクリックでランキングが上がりまする。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント