BPSとは?1株あたりの資産価値?

ランキングは少しずつ上昇〜!


株にはいくつか基準になる価値というものがありますが、その基準のひとつになるのが、BPSです。


BPSは「Book value PerShare」の略で、1株当たりの株主資本、あるいは1株当たりの純資産といいます。


この株主資本には、企業の現金や土地や建物などの自己資本がそれに当たります。銀行からの借入金などの他人資本も含めるとそれが総資産として計上されます。


株主資本 + 他人資本 = 総資産


ですから、BPSというのは、この他人資本を含めない形の株主資本のみで1株当たりの資産価値を算出される指標なのです。


■ BPSの計算式

BPS=純資産÷発行済株式総数


このBPSは、前期の実績数字を使って算出します。


このBPSは、実際の自己資本のみで発行済み株式数で割られるので、つまり、理論上は、株価=BPSになるのです。


ですから、よく言われるのは企業が倒産して、清算する時に用いられる数値ともいえます。なのでBPSは、別名「解散価値」「清算価値」などとも言われます。


一応、目安としてはBPSが高い企業ほど安定性が高く、株価がBPSをはるかに上昇している場合は、その株価は割高、はるかに下回っている場合は、割安とされます。


例えば、近い例で言うとあのライブドアなんかも上場廃止になる時の株価の推移で算出した場合に、最も安い株価を付けました。


ですがその後、解散価値での計算にすると割安感があり、結局、株価を戻して上昇仕て終えました。


その結果、ライブドアが上場廃止になる直前の株価の乱高下で大儲けした投資家も沢山いると聞いています。


あんな急落の株価を演じたライブドアですが、しっかり利益を出している投資家もいるのです。


その投資家は、ライブドアの株価の価値をBPSで算出してみて、投資する株価の底値圏で突っ込み買いをする事が出来たのでしょう。


という訳で、そんな1株当たりの資産価値を算出するBPSという投資指標でした。


なるほど、BPSですか、勉強になりました!と言う方は一つクリックでランキングが上がりまする。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】12年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】SBI証券
【仕事】自営業 兼 会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】32歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント