ラップ口座での資産運用はどうか?


ランキングで、邁進中〜!


ラップ口座での資金運用についてちょっと考えてみたいと思います。


というのも、珍しく今日は証券会社の店頭に行く機会があったので、ラップ口座の資料を見たからです。


まず簡単にラップ口座の概要を理解しておいて欲しいのでうが・・・
こんな感じです。


■ ラップ口座

ラップ口座とは、証券会社が投資家向けに行う資産運用管理サービス口座のことで、一定額以上の資産を証券会社に預託し、預託残高に応じて報酬を支払うことで、取引ごとの手数料を支払うこともなく資産運用管理サービスを受ける事ができる。

報酬には、投資顧問料、売買手数料、口座管理料などが含まれます。「まとめる」「包む」と言う意味があるために「Wrap」という言葉からこんな風に呼ばれています。

ラップ口座には、投資家のニーズに合わせて投資顧問会社を紹介する投資顧問型や多用な投資信託を運用する投資信託型などがありまます。

日本では、2004年4月の証券取引法や投資顧問業法の改正により、環境整備が整ってきています。


という訳でこんなのが、ラップ口座です。
つまりは、簡単に言ってしまうと富裕層向けの特別サービスつきの証券口座と言った所です。


つまり投資アドバイザー、資産運用コンサルタント付きの証券口座という感じでしょうか?これがラップ口座なのです。


ちなみにラップ口座の口座を開ける資産の額ですが・・・
ある証券口座を例にすると。


2000万円以上の資金で、100万円単位のやりとりが原則となっています。そして、手数料は、5000万円以下は、2.625%から始まって、徐々に資産と共に安くなり、最終的に2億円〜5億円以下の資産となると0.525%の手数料になるようです。


それ以上は別途協議だそうな^^;


という訳でこんな形なのが、ラップ口座なのです。
手数料だけ見てみると、結構高いかなと思うので恐らくは自分は利用しないかなと言う感じです。


ラップ口座で手数料取られるよりも、自分で運用した方が良さそうですからね〜^^;


という訳でラップ口座の話でした。


なるほど、ラップ口座ですか、勉強になりました!と言う方は
一つクリックでランキングが上がりまする。



nenri96 at 19:28│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント