シカゴ日経先物が安い(汗)

ランキングがじわっと上昇^^;


さてさて、明日からの相場展望ですが・・・
いや〜、良くありません(大汗)


と言うのは、金曜日のシカゴ日経先物がかなり下げて終っています(涙)


と言いますのは・・・
シカゴ先物市場の日経先物価格に注目することで翌日の日経平均の流れをある程度、参考として読むことができます。


どのように参考になるかというと、日経平均は前日のシカゴ日経先物の終値にさや寄せするような動きを見せることが多いということです。


つまりこの指標の動向を見ることである程度、株価の動きが先読みできるんですね。


そんなシカゴ日経先物が金曜日の夜に15615円で引けているじゃないですか・・・


これを見てください! ⇒ シカゴ日経平均の推移


一方、金曜日引けの日経平均数値その他市場の推移はと言うと・・・


日経平均 15,734.60 -179.63 (-1.13%)
日経平均先物 15,730.00 -130.00 (-0.82%)
TOPIX 1,538.04 -14.83 (-0.96%)

JASDAQ指数 82.45 +0.23 (+0.28%)
マザーズ指数 1,074.49 +4.77 (+0.45%)
ヘラクレス指数 1,747.87 +12.28 (+0.71%)


こんな数値であるからして、シカゴ日経先物とずいぶん乖離があります。


という事もあり、明日の相場明けは日経平均株価は、シカゴ日経先物の15615円の水準に近づいていくような株価の動きをしそうです^^;


う〜ん、厳しい展開になりそうです。


それとここ週末のメディアを眺める限りでは、下方修正の企業や外国人の対日投資縮小の記事が出るなどして、全く持って雰囲気が悪いです。


円高傾向によって、輸出関連株などの大型関連株がじり下げしそうです(汗)
つい先日まで堅調だった輸出関連の下落圧力は結構ありそうな感じです。


これが日経平均を中心とした大局感です。
一方で新興市場銘柄はどうか?


と言うところでは、先日の金曜日はそれほど下がっていませんでしたので、明日の相場がどうなるかは気になるところです。


東証が弱い一方で、意外と新興市場が手堅いと言う状況になるやもしれません。今まで東証が堅い流れだっただけに、転じて新興が堅い展開に・・・なんて事もなきにしもあらずです。


なんて思ってはいるものの、ファンドメンタル的な見方で冷静に見ると、新興市場の信頼を取り戻すにはまだまだ時間がかかりそうな感じはあります。


一つ一つの企業が業績不安が解消されていくにつれて雰囲気はよくなっていきそうな気はするのですが、まだ下支えできるほどの物は殆ど見当たりません。


スィングトレードするには、どっちつかずの相場模様・・・と言う感じです。ここ最近は、全くわからない相場です^^;


納得行かない時は無理に投資せずに、様子見をしつつチャンスが来たら投資するというスタンスで良いと思っています。


と言う訳でちょっぴり渋い相場観です。


では、本日はこの辺で!


なるほど、シカゴ日経先物参考になりました!と言う方は
一つクリックでランキングが上がりまする。




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by のみーちゃん   2006年11月26日 22:25
読者申請ありがとうございますこちらこそ、宜しくお願い致します。また楽しく拝見させて頂きます
2. Posted by うるま株   2006年11月27日 14:13
5 読者申請ありがとうございます!
見にきますねー^^
3. Posted by いで   2006年11月27日 14:47
のみ〜さん
ありがとうございます。
こちらこそ!宜しくお願い致します。
4. Posted by いで   2006年11月27日 14:47
うるまさん
是非是非、宜しくお願い致します。
僕が昔お世話になった人はうるまさんっていうのです^^なんだか親近感です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント