新聞を読む人、読まない人

ランキングも下落トレンドか(嘆)


いや〜、本日はやはり弱いです。
昨日、ブログに書いておきました今週の相場観の通りの展開になってきました。厳しいです!


さて、それはさておきちょっと気分転換に小話でも・・・
新聞を読む人と読まない人の違いです。
実はこれ面白いストーりーがあります。


「 新聞全然読まないのですが、それでも株で勝てますか? 」


こ〜んな質問を頂きました。
ちょっと応えに困りましたが、


「勝てます!」


とお伝えしました。
ただ、厳密に言えば、新聞を読んだ方が間違いなく
株で勝てる確率は高くなります。


なぜこんな事を言えるのかと言いますと、
世の中の方向性が新聞に書かれているからです。


世の人の興味関心ごと、話題性が新聞に溢れているわけです。


当然、世の中が興味関心が向いている株の銘柄は
注目が行きますので、値動きがあります。


その記事によって、関連企業が儲かるか?損するのか?
読んだ人がこう考える訳です。


だから株価にも左右される訳なんです。


新聞の記事から類推する事、これは僕の経験上
非常に重要です。


と言うのも、僕は株をやり始めた頃、
ちょうど大学2年の頃でしたが、自分の学部のゼミの関係もあって
気になる新聞記事のスクラップをずーっとやっていました。


スクラップをやっていた新聞は、日経新聞ですね。


当時、色々と事情があって、日経新聞を買うお金もなかったので
電車の網棚に置き忘れた日経新聞を拾っては、スクラップをしていました。


この頃、どんな事情があったかは、
こちらの本で僕が語ってます ⇒ カリスマ投資家が語るオリジナル投資


この作業は、結構大変ですが、スクラップすると
当然、株価の連動を見る事になります。


この地道な作業でかなり投資の感覚は見に付いたと思います。


ちなみにアメリカ中央情報局のCIAの方々も
実は、新聞などの公開情報から、データ収集をします。


彼らが集めている情報の90%は、新聞や雑誌などの公開された
情報なんです。


言うなれば、基礎データの収集ですね。
情報を判断する材料を持つ為のデータ収集です。


だから、こういう地道なスクラップの作業は本当に大切なんです。


でも、毎日忙しい中でスクラップをするのも
そう簡単なことではないと思います。


ですから、新聞を読む事はやって欲しいのです。
出来る限り読んで欲しいです。


何も、隅から隅まで読め!
と言っているのではなく、さーっと5分くらい読み流す。


それで気になる記事を、深く読む。
と言う風にする感じです。


「 新聞を5分で? ムリ無理! 」


と言う方が居たら、これを読んでみてください。
これは、速読する方法を書いたマニュアルです。


これを読めば、簡単に出来るになりますよ♪
なぜなら、一番簡単のレッスンで、
新聞を5分で読むというのがありますから。


これ ⇒ 速読が簡単に習得できます!


僕もこの方法でしっかり速読を身につけました。
おかげで部屋が本だらけです・・・


株式投資ならば、読む新聞は「日経新聞」がオススメです。
大体この新聞でカバーできると思います。


名前が名前だけに、経済情報が多いですからね。


それと新聞を読む時に注意して欲しいのは、
全ての記事を、まともに受けない事です。


スタイルとしては、記事を読んで・・・


「自分ならこう考えるなぁ」


「あれ、これならひょっとしてこの会社が儲かるかも?」


と、意見を考察したり、関連企業を類推したりと
自分なりに情報を受けて考えるべきですね。


何故かと言うと、情報を発信するというのは、
そこに意図が隠されているからです。


発信する事に全て意図があると思った方がいいかもしれません。


企業側からの意図があったり、政治的な意図が新聞に
モロに出ますから、全て真に受けてしまうのは、とっても危険なのです。


だから読んだ時に気にするのは・・・


「この記事を読んだら、人はどんな行動に移るだろう?」


なんて類推しながら、新聞を読み取っていく。
そして、その通りに株が動いたら、良い推測が出来た事になります。


こういうのを繰り返してやっていると
間違いなく新聞情報から、相場の値動きもある程度つかめるように
なってくるのです。


かなり地味ですが、読んでいる人が多いから、
このイメージする事が大切なんです。


ちなみに、僕は大学時代にあるホテルで
ルームサービスをやっていた事があります。


そのホテルは、特別な人が来る場所で、
政治家の方がよく泊まりに来てました。


で、そのルームサービスをやっていて凄い事に気がつきました。


それは、政治家の方と言うのは、
凄い量の新聞を読むという事です。


僕の場合、ルームサービスとして、
早朝に各部屋に新聞配達をします。


で、もちろん、政治家の方が泊まっている部屋も
新聞を入れて行くのですが、ここに違いがあります。


彼らは、新聞をもの凄く読むのです。
普通ならば考えられない量です。


どのくらいあると思いますか?


なんと!


驚くなかれ、誌も、誌も読んでいます。


しかも毎日です!


おかげで新聞を配達するのは、かなり大変でした^^;


ちゃんと、この部屋は政治家の〜という方が泊まっていて
新聞は、あれとこれを入れるようにと、要望があるのです。


こんな感じですね(汗)


日経、読売、産経、朝日、毎日、地元誌などなど・・・


いやぁ、当時はなぜこんなに新聞を読むのか
理解できませんでしたが、今だからこそ良くわかります。


新聞から情報を読み取ることの重要性が!


こんな大量の新聞をどんな風に読んでいたのか
非常に気になりますね。


おそらくは、速読的な読み方をやっていたに違いありません。
でないと全部読むことは物理的にムリですから。


もし、速読を身につけたいならば
これがオススメですよ。


こちら ⇒ これで新聞も1日5分で読めます


世の中には高額な速読講座やセミナーがありますが、
これで十分!


僕は、2日間で13万の速読セミナーに参加しましたが・・・
結局、モノにすることは出来ませんでした。


でも、これでマスターする事が出来ました。
なので本当に感謝しております。


速読が出来るようになれば、自分の可能性をずーっと伸ばす事が出来ます。
間違いなく・・・


もし、本を読む時間が短縮できたとしたら・・・


結果的にあなたの寿命を長くする事になるかもしれませんからね。
という事で、強く速読はオススメします。


この速読法! ⇒ 本を読む時間が劇的に早くなります



最後に・・・


新聞を読むことは、やっぱり大切です!


なるほど!速読参考にします!言う方はこちらの応援クリックでランキングが上がりまする。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント