コーヒー豆が高騰!という事は・・・

順調にブログランキングで上昇!今日は何位?


これ、今日の日経新聞の業績欄で見たんです。


みたまんまですが、このコーヒー豆の高騰で影響を受けている会社の記事でした。具体的に、どんな会社だったかというと・・・

▽:ドトールです!

チャートは ⇒ こちらをクリック

記事によるとコーヒー豆の高騰が減益要因になっているもよう。
経常利益は横ばいとある。


出店数が増えているのに経常利益が横ばい^^;
これはコーヒー豆の高騰によるコスト高によるものだと思います。


さて、ドトールがこんな事になっているという事は・・・
愛してやまないあの会社も豆の高騰に苦しむはず。。。


それは・・・


▽:スターバックスですねぇ♪

チャートは ⇒ こちらをクリック


もともとここいらの業態のお店は、出店数を増やす事でじわじわと着実に売上げと利益を増やしていく業態だからそれほど、株価も急騰ってしないのだけど、


原価となるコーヒー豆が高騰しているとなれば、あまりいい事じゃないです。
コーヒー豆の影響で業績は間違いなく下がるだろうなぁ。


株価への影響ガちょっと気になる。
特にスターバックスは個人投資家でこの会社が好きな人が多いので気になりますねぇ。ちょっと要注意です。


このドトールと、スターバックスに共通している点は
コーヒー豆以外にもあります。


それを照らし合わせると面白いように
同じように株価が動いています^^;


それは・・・3月の株主優待・配当権利があるという事です。
2社とも一緒なのです。


その流れで株価を見ていると、株主優待の権利が確定した翌日には株価が絵に描いた餅のように落ちています。


みんな珈琲チケットやギフトがもらえたら株を
売ってしまうのですね^^;


でも、冷静に見てみたら株価の方が損してるじゃん( ̄ω ̄;)!!


わかっちゃいるけど、み〜んな現物支給が好きなのね。
不思議なもんです。


僕が書いたこのレポートを読んでいればそんなことには
ならなかったはずなのに・・・残念!


▽:株主優待も!配当も!株価の上昇利益も全て欲しい!
  欲張りゲット投資法 (゜O゜ ;)


ここをクリック ⇒  株主優待レポート


まぁ、株主優待は年中あるのでこの方法で
魚を吊り上げていくといいと思いますよ^^


なるほど!珈琲銘柄は注意しますぜ、というあなたは・・・こちらをクリック

いやいや、イマイチ参考にならなかった・・・というあなたは
株ランキングで上昇ネタを探そう!





nenri96 at 11:22│Comments(3)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by カノン   2006年04月02日 01:43
こんばんは。
先日は私のブログに遊びに来てくださり
ありがとうございました。
相互リンクの件ですが
引越しする予定を急遽取りやめましたので、私のブログにもリンクを貼らせていただきますね。
ただ、ブログタイトルだけは変わりました。新タイトルは「それすらも日々の果て」です。
今後ともよろしくお願いいたします。
2. Posted by 株鬼   2006年04月02日 15:24
おおお!!!
続々と色んなメディアから依頼が来てると思ったら、とうとうTV出演まで果たしてしまいましたか(^^)

流石ですね♪

花見ではお会い出来ませんでしたが、また関東にも足を運ぶ事があると思うので、その時は宜しくお願いしますね〜!
3. Posted by むらやん   2006年04月02日 22:11
(`・ω・´)コンニチワ〜はじめまして。
リンクの件了解しました。
早速リンク張っておきますのでこれからもよろしくお願いしますね。
お互い明日からもトレード頑張っていきましょう!でもブログ見る限りではスイングです!?スタイルは違えどお互いがんばりましょう!それではまたですm(__)m

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】18年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】VALU / SBI証券
【仕事】会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】38歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント