2015年02月15日


またまた、怪しい投資法なんじゃないか?


とお思いの方もいらっしゃると思いますが
実は、これは笑ってしまうほど、単純な方法で
自分の資産を増やし続ける事が出来ます。


相場が、大きく変動して、下がっても
結果として、自分の資産を着実に増やすことが出来ます。
そんな嘘のような本当の話な投資法があります。


正直、聞いてしまうと、なんだそんな事かと
思われると思います。先に言っておきます。


ですが、結果として確実に自分の資産が着実に増えます。
超地味ですが、確実に自分の資産が増える方法です。


それは、何かと言いますと・・・


銀行の自動引落によるファンド購入を行うことです。
自動積立ファンドというものですね。


それを証券会社を通して、自分の銀行口座から
自動引き落としで、ファンドを購入するように設定するのです。


ファンドを購入すると言っても
1口1000円から設定出来るので、非常に気軽に始められます。


ちなみに選ぶファンドは、購入時に手数料がかからない
ノーロードファンドを自動積立に設定すること。


また、何かと資産が増えるとポイントキャッシュバック等の
恩恵が得られる証券会社にて、行うことをオススメ致します。


自分のオススメは、楽天証券です。
楽天証券の場合、楽天銀行と連携することで
楽天銀行の使い勝手も良くなりますし


楽天市場のポイント等でも、何かと使い勝手が良いからです。


それで楽天証券で、銀行の自動引落による
ファンド積立を設定した後に行うことがあります。


実は、これが一番の肝です。
これをやらないと、たぶん、資産は増えて行きません。


中途半端にどこかのタイミングで、積立したファンドを
売却したりしてしまい、結果的に資産が増えていかないです。


この重要なアクションを無くしては、おそらく出来ないと思います。

それは何かと言いますと・・・


ファンド購入の設定を行った楽天証券の口座情報の
ログインID、パスワード情報が書かれた書類を意図的に
消滅させる事です。


ゴミ箱に捨ててもいいし、燃やしても構いません。


なんでも良いので、これらの情報が書かれた書類を処分してください。


この結果、何が起こるか?と言いますと。
あなたの証券口座は、簡単にログインして
ファンドを売却することが出来なくなります。


なぜなら、ログイン情報が全くわからないからです。


その結果どうなるかというと、
毎月決まった日に自動引き落としによるファンド購入が
行われ続けるのです。


口座情報がわからないので、簡単に売却出来ません。


もちろん、証券会社のコールセンターに電話をして
口座情報を再発行してもらえれば、良いのですが


楽天証券のコールセンターは、ぶっちゃけ繋がらないです。
電話が繋がるまで10分以上待たさせれます。


忙しいあなたは、10分間も待っていられないでしょう。


結果、口座情報を再発行してもらうのも面倒なので
ほったらかしにしておこう。という判断になります。


その結果どうなるか?と言いますと


毎月、決まった日付に自分が設定した投資金額が
自動的に引き落とされ、ファンドが購入されます。


もし、その口座に自分が設定した引き落とし金額が
残金として残っていない場合は、引き落としが見送りされます。


ですが、最低1000円からのファンド購入が設定できますので
1000円でも銀行口座に残金があれば、自動引き落としてで
問答無用に、自動的にファンドが購入されるのです。


少々、強引かもしれませんが、このくらいやらないと
たびたび証券口座にログインしては、積立した投資金額の評価額を見ては


「このくらいの金額になったから、何かに使おうかな?」


と資産運用で蓄えた資産を、何かに使おうかという
思考が働いてしまうのです。


結果、将来にわたって、育てていくべき
自分の資産を、簡単に売却してしまうのです。


これではお金はいつまで経っても増えませんよね。


だから、強制的に資産を買い続ける仕組みを設定した後に
その資産を簡単に、売却できないようにハードルを高くする必要があるのです。


その方法というのは、自分の証券口座の情報を
物理的に消滅させる方法なのです。


騙されたと思って、1口1000円でも良いので
自動引落に設定してやってみてください。


その後、必ず、その証券会社の口座情報を
何らかの方法で消滅させることです。

これが最大のポイントです。


これを設定して、数年間寝かしておいてください。
確実に資産は増えていることでしょう。


ちなみに、積立する時にどのファンドを買ったらよいか?
どういうバランスでファンドを購入したら良いか?


という点については、こちらの無料講座を
受講することで、その資産運用の考え方を学ぶことが出来ます。


・お金の教養講座
http://nenri96.livedoor.biz/archives/51786427.html

僕が受講してきた様子をブログに記事にしています。


非常におすすめの無料セミナーなので
ぜひ、行ってみてください。



2014年08月17日

ソーシャルメディアのLINEはご存知でしょうか?
自分も使っているのですが、このLINEがますます熱いです。


日本ではユーザー数が5000万人にも達し
すでに日本の人口の4割近くが利用している状況です。
そして、LINEの世界ユーザー数が5億人にも達する見込みです。


あのfacebookのユーザー数を含めて
LINEのユーザー数との比較
http://news.mynavi.jp/news/2014/05/16/324/


いかがですか?
LINEの成長をどう見るか、今後、注目したいですね。


ちなみに、このLINEが今年11月にもIPOで上場するとも言われています。


既に7月に東京証券取引所に上場申請をしていますので
IPOで上場する事は間違いないと思います。


LINE上場の情報まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138545624385512001


今のからでも間に合いますので、是非、LINEを使ってみて
このサービスの可否を体感しましょう。


以前から、何度もおススメしている
無料の「お金の教養講座」ですが・・・


以前は、日本全国の主要都市
東京、大阪、京都、愛知にて


受講できるセミナーだったのですが
これが日本全国で受講できるようになりました。


■ 無料セミナー「お金の教養講座」が全国どこでも受講可能に!


このセミナーは自分も参加させていただいた事があるのですが
良くある投資セミナーでの投資手法を学ぶ内容のものではなく


お金を守るため、お金を減らさずに
殖やして行くには、どのような考えや知識が必要なのか?
と言う点にフォーカスして、教えてくれます。


あまりそういう観点のセミナーは多くはないと思いますが
このお金の教養講座を無料で受ける事が出来ました。


しかしながら・・・
前述のとおり、このセミナーは上記の日本の主要都市でしか
受講することが出来ませんでした。


「もっと気軽に受講できないのですか?」


と言う声が沢山あった事にお応えして
日本全国どこでも受講できるようにWEB講座が新たに登場しました。



WEB講座であれば、日本全国どこでも
いつでも受講することが可能です。


これまで、遠くてセミナー会場までいけなかった方でも
自宅からお金の教養講座を学ぶ事が出来るようになりました。


ただ、一点、デメリットがあります。
このWEB講座は、無料ではありません。


もう一度、言います。
無料ではありません。



肝心の受講料ですが、1,000円(2時間)
となります。


このWEB講座の受講料が高いと見るか
安いと見るかは、個人の主観による所ですが


僕が個人的に思うのは
セミナー自体は非常にお得だと思いますし


受講してから、自分の資産を守るという意味では、
いち早く受講したほうが得です。


■ 無料セミナー「お金の教養講座」が全国どこでも受講可能に!


こちら → http://goo.gl/KOyBZy


本当におススメのセミナーなので
もし良かったら是非、受講してみたらいかがでしょうか?


ちなみに、僕が以前、受講したときのセミナーの感想を
ブログに載せています。


お金の教養講座に行って来ました!


WEB講座は、絶対におススメだと思います。


ただ、もしセミナー会場に行ける地域にお住まいの方は
是非とも会場での受講をおススメします。


特に男性の方は強くおススメします(笑)


その理由は、セミナーを行った人しかわかりませんが
僕がセミナーを受講した時の様子をブログに書いていますので
是非、読んでみてください。


受講時の様子




検索
お勧めセミナー

受講生の81%が「お金」や「資産運用」に対する意識が変わったと回答したお金の教養セミナーが今なら無料で受講できます。
株ブログランキング
株初心者ランキング

応援クリックお願い致します!

My Yahoo!に追加

Add to Google
この株ブログの管理人
井手 剛(イデ ツヨシ)

【投資暦】12年くらい
【軍資金】秘密♪
【証券会社】SBI証券
【仕事】自営業 兼 会社役員
【投資スタイル】長期&スィング
 片手間でやるのが大好き。
【好きなもの】お酒、コーヒー
【年齢】32歳
【詳しいプロフィール】⇒こちら

株初心者の株式雑誌

ビジネス誌「Big tomorrow」
今年の4月号に株式投資の役立ちサイトとして掲載されました。
最近の株式コメント